家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

背中ににきびができる人急増中!自分でできるセルフケアを試してみよう

   





あれっ!なんか背中にブツブツができて、痒いな~と思ったことはありませんか?

ひょっとしたら、それは背中にきびかもしれません。

背中は、本来はニキビのでき易いところなのですが、目の届きにくい場所ですよね。

ある時、急にかゆみを感じて、ニキビの存在に気付く可能性が高いかもしれません。

10代の時には、ニキビと縁がなかったのに、20代になってから、からだのニキビで悩んでいる人が増加しています。

スポンサーリンク

こういったニキビは、思春期のホルモンに左右されるニキビと、違った原因によって発症しています。

大人ニキビの大きな原因は、ストレスや生活サイクルの乱れ、睡眠不足などがあります。

10代の頃のニキビと異なり、要因は自分自身のライフスタイルの中にあるのです。

通常は見えないとしても、衣服に接する背中は、炎症を起こしたニキビを持っていると、かゆみが激しく、なかかな治癒しません。

また、結婚式やパーティ等々でドレスを着用する機会にも、困ってしまうかもしれません。

生活スタイルを見直して、背中ニキビを退治していきましょう。

 

背中にきびを治す方法は?

背中ニキビがいっぱい発症したときには、皮膚科で診察してもらうしかありませんが、軽度でしたら自分自身でケアすることもできます。

そもそも、毛穴の縮小、角栓発生が起こらなかったら、背中ニキビは発生しません。

そこで、背中の徹底した保湿ケアしながら、ストレスが少ない生活スタイルを保つことが、ニキビケアの基本になると言えます。

顔と同様に、背中も保湿化粧水をたっぷり使って、ケアをしましょう。
乾燥すると、老廃物がたまり背中にきびに良くありません。
夏は特に汗をかきやすいので、清潔にする必要があります。

また、シャンプーに含まれるシリコンが、毛穴の詰まりを増進させるケースがあるので、ノンシリコンシャンプーに切りかえることも、間接的に背中ニキビを治すことにつながります。

そして肌着を選ぶ時には、通気性や吸収性の良いものを選びましょう。
シルクや綿100%の天然素材のものがおすすめです。

これだけでも肌ストレスが軽減され、背中にきびを悪化させない自衛策です。

他にも、ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑制する効果があるので、ビタミンC誘導体を含んだ化粧水、美容液などを使って、お手入れするというのもニキビの予防、改善に効果が期待できます。

背中にきびを予防しよう

成人してから発症した背中ニキビは、不規則なライフスタイルや睡眠不足、食生活の乱れなどが原因となっていると考えられます。

自律神経がアンバランスになると、ホルモンバランスも乱れて、肌荒れの引き金になります。

まずはライフスタイルを見直していきましょう。

規則的な生活を心掛けて、睡眠時間をやや多く取ることが大事です。

その上で、ビタミン類を多く含んだ食べ物をなど、栄養バランスにも気を配ります。

睡眠時間がなかなか取れないときには、肌の新陳代謝が高まる、午後10時から午前2時に就寝するように努力するのがおすすめです。

ちゃんと眠ることは、ストレス緩和にもつながります。

ストレスが溜まると交感神経が刺激されて、ニキビの要因となる糖質コルチノイドが生成されます。

清潔な寝具で十分な睡眠を取ることは、ストレス緩和にも役に立ち、ニキビ発生も減らすことができる予防策になります。

背中は自分自身では分からないところですから、鏡の向きを変えるなどすることで、初めの段階で発見する工夫をしてみましょう。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報, 健康