家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

真夏の車内ー 温度を早く下げる方法は?

   





真夏の炎天下に車を停めていると車内はおそろしいほど高温になりますね。
「日本自動車連盟(JAF)」の調査(*)によると、気温35℃に達する日中で炎天下に駐車をした場合、クレヨンが溶けたり、ペットボトルのジュースが爆発するほどになるようです。

なにも対策をせずに締め切った車内の最高温度は57℃、フロントガラスにサンシェードを設置しても50℃、窓を数センチ開けても45℃、エアコン作動で27℃ という結果になっています。
そんな高温になっている車内に乗り込むときには、一刻もはやく温度を下げて、エアコンの涼しい風に当たりたいものですね。

そこで、今回は高温になった車内の温度を、どうやって下げるのが良いか紹介します。

(*)http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail2.htm

スポンサーリンク

とにかく早く温度を下げたい!

高温になった車内の温度を下げる方法はいくつかあります。

ドアを開け閉めして車内にこもった熱くなった空気を追い出す

運転席のドアを数回開け閉めするだけで、かなりの温度が下げられるようです。
ポイントとなるのは、開け閉めする運転席のドアから一番離れた窓(=左後部座席の窓)を開けておくこと。

この時、開け閉めするドアに指を挟まないように注意をしましょう。

ハッチバックの車であれば、バックドアを開けるだけでも効果が期待できるはずです。

エアコンと外気導入/内気循環をうまく切り替える

車内にこもった、熱くなった空気をある程度追い出したあとは、いったん「エアコン+外気導入」で車内の空気を入れ替えて、快適になったころ「エアコン+内気循環」に切り替えましょう。

ちなみに、タバコの煙を外に追い出したいときは「外気導入」が良いそうです。

エアコンは日陰で使うと効果大

エアコンを使うときは、少し車を移動してでも、日陰で使うとエアコンの効き方が全然違うことをご存じでしたか?

これは室外機にあたる部分の気温を少しでも下げることで、エアコンの熱交換システムが効果を発揮するという原理で、車だけでなく家のエアコンでも応用できるので試してみてほしいです。

車が熱くならない対策を

このほかにも、車内の温度を上げない工夫もすると良いといえます。

サンシェードを使用する。

フロントガラスにサンシェードを設置するだけでも、サッシュボード、ハンドル、シフトノブなどが熱くて触れないということがなくなるのでお試しを。

窓に遮熱フィルムを貼る

太陽光の赤外線を遮断するフィルムも売られているので、これを貼ると効果的です。

ただし、フロントガラス、運転席、助手席の窓は、可視光線透過率70%以上でないと保安基準を満たさず、不正改造になってしまうので注意が必要です。

結論(まとめ)

 

前述のJAFによる調査では、エアコンを停止させてからの、温度上昇についてもレポートされています。

この調査によると、熱中症指数(WBGT)がエアコンを停止させてから、わずか5分で警戒レベル、10分で厳重警戒レベル、15分で危険レベル(屋外であれば運動を中止するレベル)に達しています。

とくに体温コントロールがうまく出来ない、子どもやお年寄りを車内に残して、エアコンを停めてしまうのは、死に至る可能性もあり大変危険であるのは、みなさんの知るところですね。

このことから、真夏の車内ではエアコンが命綱になっているといっても過言ではないでしょう。

夏を前にエアコンが期待通り作動するか、動作確認を必ずしておくことをおすすめします。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報