家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

帰省する時のおみやげって悩みますね~ 持っていくと喜ばれる物は?

      2017/08/09





夏休み、冬休み、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク といった長期休暇が取れる時には、実家に帰省するという人は多いですね。

とくに首都圏に住んでいる人は、地方出身者が多いことから、長期休暇の時期には地方にある実家に帰省して親孝行をしたり、生まれ育った街で学生時代の友人に再会したり、都会では味わえないような自然体験をしたりと、休暇とは言えやりたいことが山ほどあるのではないでしょうか。

そんな長期休暇で実家に帰省する際に悩むのが、「おみやげ」かもしれません。

毎回同じようなものだと飽きてしまうし、かといって毎回違うものを準備するのも容易ではないからです。

では、どんなお土産が喜ばれるのでしょうか?

スポンサーリンク


実家におみやげとして持っていくにあたって、2つのパターンがあります。

「移動手段が車で、少々重たくても問題ない」という場合

車に積んで移動できるのであれば、少々重たくても問題にはならないでしょう。

そこで、自分が住んでいる地域(以下、地元と表記)でも評判で、しかも地元でしか手に入らないようなものを選ぶのが、良いのではないでしょうか。

例えば、果物は季節を感じられるものが多く、とくに夏の果物であれば、手軽に水分補給ができるので、熱中症の心配がある高齢の家族がいる場合は、オススメです。

また、お酒が好きな家族であれば、地元の酒造会社が作った季節限定や地元限定のようなものを持っていくのはどうでしょうか?

晩御飯のときに、自分たちも一緒になって楽しめて良いというメリットがあります。

「移動手段が電車やバスで、コンパクトな方が良い」という場合

電車での移動の場合は、あまり重たいものを持ち運びたくないので、移動の道中で入手する方法が楽かもしれません。

その点では「東京駅」「品川駅」といった、ターミナル駅の改札内にある「駅ナカ」の土産物店が便利です。

「TV番組 〇〇で紹介されました」といった看板が多く見られるので、住んでいる地元の特色が出せなくても、「TVでみたことある!」といって喜んでもらえる可能性があります。

また、親戚の子供達が集まるようであれば、テレビで人気のキャラクター関連のお菓子や、ちょっとしたグッズは喜ばれるのでは?と思います。

ただし、子供は好みがコロコロ変わったり、すぐ飽きてしまうものなので、あまり高価なものや長年残っても困るようなものは必要ないでしょう。

結論(まとめ)

筆者が実家に帰省する際に用意するものは、やはり「実家の近所/近県で手に入らない物」「実家の家族は買わないだろうなぁと思うもの」といった基準で探すことが多いですね。

最近では、全国に数店舗しかない洋菓子店が近所に出店していて、実家近くでは手に入らないような、珍しいお菓子を買っていくことがあります。

その他にも、実家に帰省するタイミングとは関係なく、旅行先で見つけた「面白い!」や「美味しい!」といったものを、こまめに宅急便で送ってあげる、というのはいかがでしょうか。

そして、帰省するときにはサービスエリアなどで手に入る、簡単なもので済ませてしまうということも1つの方法かもしれません。

こうすれば帰省のたびに悩まなくていいですし、こまめに送ってあげることで、実家とのコミュニケーションのきっかけにもなるので、オススメです。

昨今、振り込め詐欺のような事件が後を絶たないので、こうしたこまめなコミュニケーションを日頃から取っておくことも良いのでは?と思います。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報