家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

その貧血…原因は子宮筋腫かも?

   





女性はもともと貧血の人が、多いと言われていますが、貧血をあまり深刻に考えていない方も多いようです。

会社の健診で、またたまたま別の病気で受けた血液検査で、貧血が判明する場合があっても、自覚症状がなかったり、忙しかったりすると、そのまま放ってしまう場合が少なくありません。

しかしながら、貧血の影に重大な病気が隠れていることもありますので、慢性の貧血の人は一度原因を探ってみましょう・・・

スポンサーリンク

「ヘモグロビンが8まで下がっているよ。一度内科へいった方がいいね」

かかっていたメンタルクリニックで、そう言われた当サイトの管理人gunjo…。
別にふらふらもクラクラもしないし、何の自覚症状もなかったので、全然気付きませんでした。

しかし、普通12~14程度あるヘモグロビンの値が、8となると「ちょっとこれはまずい」と思い、さっそく内科へ・・・

内科の先生は、診察室で検査の結果を見ながら、「今年何歳?生理はまだありますか?」と言われました。

そういえば4~5年前から、生理の時に多量に出血して、自分でも驚くようなことがあったしな~と考えつつ、そのことを話すと「おそらく貧血の原因はそれですね」ととりあえず、鉄剤を処方されることに・・・

まあ更年期と言われてもおかしくない年代だったので、しかたがないか~と素直に鉄剤を飲んでいたら治るかな?と思っておりました。
が、原因はそれだけではなかったのです・・・

「子宮に筋腫がありますね。4cmくらいです」

ちょうどそのころ、たまたま受けた子宮がん検査で、ガンではないものの、子宮筋腫ができていることが分かりました。
4cmということだったので、ちょうどピンポン玉ぐらいの大きさ…。

「しばらく様子を見ましょう。6ヶ月後にまた検診に来てください」との婦人科の女医先生の言葉でした。

子宮筋腫ができているというのは、ちょっと意外だったので、しばし動揺したgunjoですが、後で調べてみると今や4人に1人がなるようなポピュラーな病気だそうです。

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で、いわばコブのようなものです。
はじめは筋腫も小さくて、何の自覚症状もないということが多いかもしれません。
しかし、筋腫のできる原因に女性ホルモンがかかわっているとされており、生理のある間は子宮筋腫がだんだん大きくなるという、やっかいな面があります。

人によっては、10cm以上赤ちゃんの頭くらいの大きさになる場合もあり、月経血が異常に増えたり、妊娠がしにくくなる、大きくなった筋腫が他の臓器を圧迫して、頻尿や尿閉といった症状が現れることがあります。

子宮筋腫は、大きく分けて次の3種類があります。

  • 粘膜下筋腫…
    筋腫が子宮の内側に向かってできます。生理の出血が増え過多月経になってしまいます。
  • 漿膜下筋腫…
    子宮の外側を覆っている膜にできる筋腫で、症状はあまり出ないことが多いです。
    しかし、大きくなるとお腹にコブが触れるようになったり、他の臓器が押されて頻尿や便秘になったりすることがあります。
  • 筋層内筋腫…
    子宮の壁の中にできる筋腫で、大きくなってくると月経痛がでたり、お腹にコブが触れたり、不妊の原因になることもあります。

 

子宮筋腫について何も知らなかった私は、先生に言われた通り半年ごとの経過観察をしつつ、内科で鉄剤をもらって継続的に飲む、という生活を始めました。

しかし、筋腫ができると、場合によってはとんでもない過多月経になることをその時は全然知らなかったのです・・・

※筆者は医療関係の専門家ではないため、自己の経験に基づいた記事を書いています。
その点をご了承願います。


スポンサーリンク

 - 健康