家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

富士サファリパークは割引チケットでお得に満喫しよう!奥が深い施設です

      2018/03/12





みなさんは、富士サファリパークに行かれたことがおありでしょうか?

ライオンなどの猛獣を自然に近い状態で、見学できるのは迫力満点ですよね。

子どもから大人まで、1日たっぷり楽しめる施設をご紹介します。

スポンサーリンク

富士サファリパークの基本情報

施設の所在地、営業日、時間など

富士サファリパークは富士山のふもと、静岡県裾野市に位置する日本最大の規模を誇るサファリパークです。

年中無休ですが、冬季(11/1~3/15)は10時から15時30分までに入園する必要があります。

それ以外の期間は朝の9時から17時まで(ただし10月に限り16時30分まで)が入園受付時間です。

アクセス方法は?

やっぱり家族連れならマイカーが便利です。

東名高速裾野インターチェンジから約10分で到着します。

マイカーがない、または電車が大好きなお子様が「どうしてもでんしゃでいきたい!」と言うのならば電車と路線バスで訪れる方法もありますが、おすすめできません。

新宿から小田急の特急が直通していて、一番便利と思われるJR御殿場駅からの路線バスの便は、1日に6本しかないからです。

どんな体験ができるか?

富士サファリパークの魅力といえば、なんといっても放し飼いにされている、猛獣たちの中に入ることができることに尽きるでしょう。

マイカーでもコースに入ることができますが、ここはサファリバスに乗り込むことをお勧めします。

ライオンへのエサやりは迫力満点です。

肉食動物がいかに危険な生きものなのか、肌身で感じることができます。

ただしサファリバスはとても人気が高いため、早い時間に売り切れになってしまう可能性もあるので、混雑が予想される時期は、事前にウェブで予約しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

富士サファリパークの魅力は猛獣ばかりではありません。

ふれあいゾーンでは珍しい動物たちと触れ合うことのできる「ふれあい牧場」があります。

また、珍しいイヌと触れ合うことのできる「イヌの館」、そして「ネコの館」「ウサギの館」もあり、こちらはそれぞれ別途入場料(500円/人)が必要です。

お子さまに限らず、動物好きな方であれば、何時間いても飽きないところだと思います。

 

小さいお子さま連れだと厳しいかもしれませんが、ある程度大きくなって長い距離を歩くのも平気ならば、歩いてサファリを体験できる「ウォーキングサファリ」もおすすめです。

ただし冬季は中止となります。

 

サファリパーク内をよく観察してみると、大きくて黒っぽい石がごろごろしています。

これは富士山の噴火によってもたらされた溶岩です。

もしも富士山がふたたび大噴火を起こしたらと考えてみると恐ろしくもなりますが、自然の営みに思いを寄せることもまた楽しみかもしれません。

おすすめのランチは?

園内にレストランは3軒あり(冬季は2軒)、子供向けメニューやアレルゲン対応も充実しています。

またテイクアウトのできる店舗も豊富にあり、気分によっていろいろな食事が楽しめると思います。

近隣の名物B級グルメ、富士宮やきそばも楽しめる屋台も出店していましたよ。

 

おすすめのお土産は?

園内で一番大きなレストランである「サファリレストラン」の隣に、限定グッズを多数取り扱う「サファリショップ」があります。

サファリバスの形をした入れ物に入ったクッキー類が、お土産としては定番になるのでしょうか。

珍しいところではアフリカの民芸品も取り扱っています。

 

お得な割引情報

思い立って「あしたサファリパークへ行こう!」と急に決まった場合はムリですが、1か月後に行こうと思われたならば、ぜひ「富士サファリクラブ」への入会をおすすめします。

なんと会費は無料。

しかも誕生月のお子さまは入園料が無料になるというサービスも・・・(保険証等公的に証明できるものが必要です)。

入会は公式ウェブサイトから簡単に申し込むことができます。

会員カードが郵送されてくるまで1~2週間かかりますが、このカードがあれば10人まで団体料金と同額で入場することができます。

 

一緒に回っておきたい近くの観光名所は?

お子様連れであれば近くにある2つの施設に、足を伸ばすともっと楽しめると思います。

一つは「富士山こどもの国」。

富士山の火口や溶岩を利用した遊び場や、キャンプ場、宿泊のできるロッジ、夏は水遊びとニジマス釣り、冬は雪遊びが楽しめる広大な施設です。

もう一つは遊園地「ぐりんぱ」。

女の子に人気のシルバニアファミリーをテーマにした遊戯施設や、男の子に人気のウルトラマンをテーマにした遊戯施設、これらのキャラクターはもう卒業したというお子様には、アスレチックや迷路、冬にはスケートなども楽しめる施設になっており、どちらも一日楽しめること間違いありません。



スポンサーリンク

 - レジャー・観光