家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

鉄道博物館のランチは駅弁も楽しめるよ!子どもには蒸気機関車を見せてあげよう

      2018/06/01





電車・列車が好きな人集まれ!

子どもから大人まで、鉄道ファンの方は大勢いますね。

全国にいくつか鉄道系・交通系の博物館があると思いますが、今回はさいたま市の鉄道博物館をご紹介します。

一度ご家族で行って見られては、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

施設の所在地、営業日、時間など基本情報

鉄道博物館は埼玉県さいたま市大宮区大成町にあります。

かつて東京の神田万世橋にあった旧「交通博物館」(1921年開館、2006年閉館)の歴史を受け継ぎ、2007年に開館した日本屈指の鉄道系の博物館です。

休館日は夏休みの期間を除き毎週火曜日です。

ただし年末年始と夏休み期間中は多少ルールが変わるので、念のためウェブサイトを確認されるとよいでしょう。

開館時間は10時から18時まで(入場は17:30まで)となっています。

 

なお、入場料金は大人1,000円、小中高生は500円、3歳以上の幼児は200円です。

 

どんな体験ができるか?

鉄道博物館の魅力といえば、まずは何といっても、かつて活躍した貴重な鉄道車両が、たくさん保存されていることでしょう。

1872年に日本で初めて走った蒸気機関車はここに残っています。

阿川弘之作「きかんしゃやえもん」のモデルになった機関車としても知られていますよね。

日本で最後に走った蒸気機関車、かつてブルートレインとして活躍していた寝台車、初めての新幹線電車もあります。

 

電車はどうやって動いているのか?ということを、わかりやすく説明しているコーナー「科学ステーション」も魅力的です。

大人でも「そうだったんだ!」とばかり目から鱗が落ちることもあるかもしれませんよ。

 

できればご家族みなさんで、早起きをがんばってぜひ開館時を目指していきましょう!

その理由はいろいろな体験ができることにあるのです。

ミニ列車運転、運転シミュレーターなどは人気も高く、整理券は早くなくなってしまいますよ。

 

鉄道ジオラマも見逃せません。

2017年7月に全面リニューアルされました。

整理券が必要になるので、こちらもお早めに確保されることをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめのランチは?

レストランは3つあります。

まず1階にある「レストラン日本食堂」

今はもう姿を消してしまった、往年の特急列車に連結されていた食堂車のメニューを、再現したカフェテリア形式のレストランです。

40代以上の方ならば、子どものころに憧れたメニューに思いを馳せる方もいらっしゃるでしょう。

昼食時には大行列になるので、体験の予約時間には注意して下さい。

なお、今年の2月から8月までは改装のため、一時閉店となる予定ですのでご注意ください。

 

2階南側の奥にあるのは「トレインレストラン日本食堂」

こちらは内装を昔にあった食堂車により近づけた本格的なレストラン仕様になっています。

 

1階のキッズプラザのとなりあるのは「キッズカフェ」

博物館内で一番お得に食事ができるエリアだと思います。
テイクアウトも可能ですよ。

 

レストランは以上ですが、もう一つ触れておかねばならない食事ネタがあります。

それは「駅弁」。

各地の名物駅弁が用意されているほか、鉄道博物館オリジナルの駅弁もありますよ。

人気の駅弁は早く売り切れているので、ターゲットの駅弁がある方は、お早めにゲットしてください。

かつて特急列車として活躍していたランチトレインの中で、旅気分を味わいながら食べることもできます。


 

アクセス方法は?

最寄り駅は大宮駅からニューシャトルに乗り換え1駅目の、その名も鉄道博物館駅です。

小さなお子さまのいるご家族でしたら、この行き方がベストでしょうが、もうひとつおすすめのコースがあります。
これはまた後ほどご紹介しましょう。

マイカーでいらっしゃる方向けに駐車場もあります。

ただ、博物館が混雑している時は満車になることもあり、その時は近隣の駐車場に止めるしかありません。

できることならば、電車でいらっしゃるとよいと思います。

 

お得な割引情報

何度も行きたい!という方には「Teppa倶楽部」に入会されるとよいでしょう。

年会費は大人3,000円でフリーパスとなるので、3回以上行けばペイしますよね。

また、20名以上で訪問されるご予定がある場合は団体割引があります。

 

一緒に回っておきたい近くの観光名所は?

鉄道が大好きなお子さま向けにぜひおすすめのスポットが2つあります。

まずはJR東日本の大宮総合車両センターです。

ここはJRで使われる鉄道車両を点検・修理したり、時には改造をしたりする工場です。

大宮駅を降りてからニューシャトルに乗らずに、西口より線路沿いを北に歩いていくと、右手に見えてきます。

通常は非公開ですが、年に1回(毎年5月の第4土曜日に設定されています)一般公開されますので、その時期を狙って、訪ねてみるのもおもしろいかもしれません。

通常の日でも、外側にD51型蒸気機関車が保存されているところには入れます。

鉄道博物館には完全体のD51はありません。

大宮駅から鉄道博物館まで歩くと20分から25分かかります。

ある程度歩けるお子さまならきっと楽しめるコースだと思いますよ。

 

もう一つは、TOMIX WORLD TEC STATION

鉄道模型Nゲージの大手TOMIXの専門店です。

大宮駅西口のビックカメラの裏手にあります。

店内のジオラマを眺めているだけでも時間が過ぎることを忘れてしまいそうです。

お好きな方であれば、思わぬ掘り出し物に巡り会えるかもしれませんよ。

 

お風呂に入ってのんびりしたい~という気分の方におすすめなのは「おふろcafé utatane」です。

鉄道博物館からさらに北へ歩くと現れるスーパー銭湯です。

のんびりうたた寝や読書を楽しめるスペースも、食事やお茶を楽しめる施設も用意されていて、さらには宿泊もできます。

詳しくはウェブサイトを確認してみてください。


スポンサーリンク

 - レジャー・観光