TOTOミュージアムー便器の歴史を探ってみよう

レジャー・観光





皆さんもよくご存知の便器の会社、TOTO。

本社は福岡県の北九州市にあるって知っていましたか?

そこに併設する「TOTOミュージアム」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

基本情報・交通アクセス

まずアクセスですが、JR小倉駅から企救丘(きくがおか)行きのモノレールに乗って、香春口三萩野(かわらぐちみはぎの)駅で降ります。

東西に国道3号線の大きい道路があるので、それを、小倉駅を背にして右(西)に向かって約10分歩くと、白くて大きい何だかわからない建物が見えてきます。

それがTOTOミュージアムです。

歩きたくないという方には、バスがおすすめです。

JR小倉駅バスセンターの3番のりばから21、22、43番バス、4番のりばから25番バスで約15分乗って、貴船町(きふねまち)バス停で下車します。

ミュージアムはバス停の真ん前です。

車で行く場合は、施設内に無料の駐車場があります。

 

入館料は無料です。

ありがたいですね。

10時から夕方5時まで開いていて、月曜日がお休みです。

夏季や年末年始もお休みがあります。

ミュージアムの見どころ

このミュージアム、何がすごいかって、もう便器、便器、便器のオンパレードなんです。

建物に入ると、広々とした空間があり、これまた広いショールームがあります。

どこかの企業様が見にきていたりもします。

展示室が3つあり、さらに特別展示室もあります。
実に広いミュージアムなのです。

スポンサーリンク

 

TOTOのあゆみを知ることができるし、歴史的な便器の実物を見ることが出来るし、水洗トイレがどのように進化してきたかなどは感動ものです。

また、海外へ輸出している便器も形がいろいろで面白いのです。

映像シアターもあります。

ロビーのイスは、もちろん便器の形です。

ご存知ない方も多いかもしれませんが、TOTOは便器だけでなく、かつては食器も作っていました(TOTOとは東洋陶器の略です)。

その食器も展示してあります。

とても気品あふれる素敵なデザインなので、便器しか知らない方はびっくりするかもしれません。

ちなみに、うちにも昭和40年代に購入したTOTOの食器セットがあり、なぜか家宝になっています。

 

私が一番気に入っている展示物は「TOTOトーク」という宣伝バイクです。

シートが便座になっていて、後ろにトイレットペーパーが巻きつけてあって…と、文字で説明しても何を言っているのか分かりませんよね。

ぜひ行って、その面白いバイクを見てください!

 

ミュージアムにはショップもあり、オリジナルグッズや地元企業とのコラボグッズも扱っています。

便器のミニチュアや、便器柄のクリアファイル、文房具、おもしろい柄のトイレットペーパーなど、見るだけでも楽しいですよ。

https://jp.toto.com/museum/

ランチ・お土産

さて、お食事ですが、残念ながらミュージアム内にはお食事処はありません。

バスかモノレールで小倉の街まで戻って、お食事をするのがいいと思います。

もしとんこつラーメンを食べたいのなら、「一蘭(いちらん)」がおすすめです。

モノレールの平和通り駅で降りて、駅に向かって歩いていくとUFJ銀行があるので、そこの辻を左に曲がるとあります。

一人ずつカウンターで仕切られているので、女性一人でも気にせず食べられるし、細かくメニューをオーダーできるので、自分の好みに合うラーメンを食べることができます。

すごく人気で結構並んでるんですが、回転が早いので、そんなに待つことはありません。

その後は小倉城を見学したり、北九州市立図書館を見たり、松本清張記念館に行ったりと、コースはいろいろ無限にあります。

 

お土産を買うなら、JR小倉駅のお土産売り場が豊富な品揃えでいいですよ。

小倉だけど、「博多とおりもん」を買う人が非常に多いです。

小倉にお越しの際は、小倉駅周辺だけでなく、ぜひぜひTOTOミュージアムにも足を運んでくださいね。



スポンサーリンク

コメント