赤ちゃんの体重が増えない原因は?年齢別対応の仕方

育児のお話あれこれ





赤ちゃんの体重の増え方にはかなりの個人差があります。

あまり気にしない方が良いのですが気にしてしまうのが事実ですよね。

そんなママさんたちに参考になればと思います。

スポンサーリンク

 

○1歳までの体重

赤ちゃんは3ヶ月で生まれた体重の2倍に、1年で3倍になると言われています。

大人では考えられないようなスピードで成長する赤ちゃんを見て、人生で一番大きくなるこの時期に順調に体重が増えて欲しいと願うのはどんな親でも同じですよね。

気にしすぎるのもあまりよくありませんが、体重が増えない原因を知ることで改善できることがあるかもしれません。

 

○生後1.2.3.4ヶ月の赤ちゃん

生後1~4ヶ月で体重が増えない場合、母乳やミルクが足りていない可能性があります。

母乳やミルクの過不足を判断するには、毎日のおしっこの回数に注意してみてください。

生後3ヶ月頃は1日に5~6回おしっこをしますが、これよりも少ないと母乳やミルクが足りていない可能性があります。

 

もし母乳育児で回数や間隔にとらわれ、泣いても授乳していないなどの心当たりがあれば、気にせず母乳を飲ませてあげましょう。

ママの体調が悪いときは、母乳の出が悪いこともあるので、ほしがるときは回数を増やすと良いですよ。

 

うまく飲めないうちは、ミルクと混合にしてみても良いですね。

ミルクの場合も、量・回数が月齢や体重と合っているか、見直してみてください。

 

母乳で育てることは大切なことで、赤ちゃんにとってもたくさんの栄養がいきわたり、とても良いことです。

ですが母乳育児にとらわれ、赤ちゃんの体重が伸びず苦労してしまうことがあります。

思いきって赤ちゃんの為にも混合を検討してみてください。

 

○生後5.6ヶ月

生後5ヶ月を超えると離乳食がスタートするため、離乳食をきちんと食べてくれるかどうかで、体重の増加も左右されます。

 

体重が増えない場合は、離乳食が足りずに栄養が不足している可能性も考えられるので、フォローアップミルクをあげて、栄養を補うようにしましょう。

 

この頃から寝返りなどで運動量が増えてくるので、離乳食をたくさん食べていても、体重がそれほど増えないことはあります。

きちんと食べているかどうかは、おしっこやうんちが毎日出ているかで判断しましょう。

離乳食でたべることばかりに集中しがちですが水分もしっかりと与えるようにしてあげてくださいね。

 

○生後半年〜1歳

大体6ヶ月ごろから離乳食が始り、1歳までには大人とほぼ同じ固さのものを、食べられるようになります。

ですが、赤ちゃんの胃はそれまでママの母乳という流動食だけを受け付けていました。

これは非常に消化にいいものです。

 

それが急にすりおろし食やつぶし食の様に、形の残ったものを食べるようになると、胃での消化が追い付かず、なかなか栄養を吸収できていないかもしれません。

消化できているかの目安は、下痢が続いているかどうかです。

あるいは、本人が嫌がって食べないかどうか。

 

こういう場合は固形の離乳食がまだ食べられない状態なので、食べたものからカロリ―を摂取できていません。

もう1段階、食べ物の硬さや大きさを戻したり、ミルクを多めにあげたりするように、工夫してみてください。

スポンサーリンク

 

☆運動量

赤ちゃんは日に日にいろいろな事が出来るようになります。

ずっと寝ていた赤ちゃんが寝返りをしたり、ズリバイをしたり、ハイハイをしたり、つかまり立ちや、伝い歩き。様々な運動をし始めます。

 

大人にとったらたいした運動量ではないですが、赤ちゃんにとっては1つ1つの動作に、たくさんのエネルギーを使い消費しているのです。

 

そのため運動量と摂取する量が異なるとなかなか体重は増えていきません。

運動量を見ながら離乳食の回数や量、母乳やミルクの量を調節してあげましょう。

 

☆離乳食

離乳食が始まると、離乳食の量と母乳やミルクの量に悩まされるママは多いかと思います。

なかなか離乳食が進まず、でも食べさせているから母乳やミルクを減らさなければ、、、と考えていると、赤ちゃんは栄養が足りず体重も伸び悩んでしまいます。

 

離乳食が軌道に乗るまでは母乳はしっかり与えてあげてください。

初めて口にした物に、戸惑っている赤ちゃんもたくさんいてます。

今まで飲み慣れている母乳やミルクはとても安心するものです。

軌道に乗り始めたら回数や量を調節してあげるようにしましょう。

☆検診

市によって月齢、年齢ごとに検診を行なっています。

赤ちゃんの体重が増えないと、心配になるママも多いと思います。

1ヶ月検診など、定期的に受けられる検診でお医者さんにアドバイスを求めることも大切です。

 

赤ちゃんの体重が増えない原因として、稀に成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌が不足していることもありますが、定期検診で問題がないと判断されれば心配する必要はないでしょう。

 

授乳間隔や離乳食など、いろんな角度からアドバイスを受けて調整することで、少しずつ改善されていくはずです。

 

☆月齢にかかわらず本人のペースで

体重の増え方は赤ちゃんの個性でもあります。

そのため個人差がとても大きく、肥満が問題になってしまう子もいます。

赤ちゃんの頃に体が小さいからと言って、その後一生体重が増えない子と言うのは、あまりおりません。

 

体格は遺伝子による面もありますし、パパやママがしっかりした体型だったら、赤ちゃんもやがて大きく成長していくでしょう。

体重が増えなくても、母乳がなかなか飲めなくても、機嫌よく、便の様子が普通だったら大丈夫です。

あまり神経質にならないことも大切ですよ。


スポンサーリンク

コメント