家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

二人の子供をママ一人で、お風呂に入れることって出来るの?

      2018/09/05





二人の子供をママ一人で、お風呂に入れることって出来るの?

パパもママも揃っている時間での入浴は、お互いに手伝ってもらえるので、問題なく入浴できますよね。

でも、パパがいない時間にママが一人で子供をお風呂に入れるのって大変じゃないですか?

ましてや、お子さんが一人じゃなく、兄弟何人かを同時に入れる時って、「いったいどうすればいいの~?」なんて思われるかもしれません。

そんな、お風呂の入浴方法や注意したい事を紹介します。

スポンサーリンク

 

 

■年齢差のある子供達をお風呂に入れる場合

まず歩ける、又は立ち姿勢が取れる子は、転倒と溺れないか?

に注意してあげれば、体を洗ってあげさえすれば、何とか普通にお風呂に入れることが出来ます。

 

問題は赤ちゃんですよね。

まだ歩けない赤ちゃんは、バスチェアやバンボ等を代用して、洗い場に座らせておいてきます。

その間に自分も洗い、最後に赤ちゃんを洗ってあげます。

その際は、なるべく泡の飛ばないような場所にお座りさせておくのが良いでしょう。

 

もし、バスチェアやバンボがない場合は、脱衣場にベビーバウンサーやタオル等を準備しておいて、そこに待機させておくのもいいかと思います。

どちらの場合も赤ちゃんの動きを想定して、安全か?をちゃんと確認してから、入浴するようにして下さいね。

スポンサーリンク

 

■特に注意したい事

まだ、仰向けで寝ているだけの、生まれて間もない赤ちゃんは泣いたりしますが、動かないので安全な場所に寝かせておいてあげればいいですよね。

 

気をつけないといけないのは、寝返りが出来るようになる頃や、掴まり立ちが出来るようになる頃などです。

動きが活発になり初める頃は、転倒や窒息等に特に注意してあげて下さい。

 

手の届く場所に危ないものは無いか?

寝返りを打ってバウンサーなどから落下しないか?など・・・

 

今まで出来ていなかった事も、急に出来るようになる可能性もあるので、それを想定していると安心ですね。

 

あと、冬場は浴室も脱衣場も冷えるので、浴室暖房や、脱衣場では毛布を掛けたり等、寒さ対策をしてあげると良いでしょう。

 

自分や他の子を洗いながらも、待機させている子の安全もちゃんと確認できていれば、多少は赤ちゃんが泣いていても大丈夫です。

 

■子供達が一人で体を洗えるようになってからも

お風呂の水位が低くても溺れる!というケースを耳にしたことがあります。

たとえ、子供達が一人で体を洗えるようになっても、低学年くらいまでは、時々お風呂へ様子を見に行くようにしましょう。

 

ウチの子供達の場合は、たいてい「なかなか出て来ないな~?」と思うと、ずっとお風呂のオモチャで遊んでいて長風呂しているだけなんですけどね。

時々のぞきに行って、本当になかなか出て来ない時は「早く出てきなさい!」と注意します。

 

■子供との入浴で便利なグッズ

赤ちゃんの頃には、先ほど紹介したバスチェアや、ベビーバスを使うと便利です。

バスチェアがわりにバンボ等も安定感があり、濡れても使えるので代用品として便利だと思います。

 

 

また、体を洗うのに泡タイプのボディーソープを使うと、泡を立てる手間が省けるので、時間短縮にもなります。

他にも、寒い季節には保湿力の高い入浴剤も、お風呂上がりの乾燥対策に有効ですよね。

 

■安全性をきちんと確認して、楽しい入浴タイムを

安全性さえ確認できていれば、兄弟同時にでも楽しく入浴することができます。

お風呂用のオモチャ等を利用することで、子供達も楽しくお風呂に入ることができるでしょう。

 

やはり、子供と一緒に入浴するとなると、一人一人をゆっくり洗っている時間はありませんので、ササッと短時間で入浴するのがコツではあります。

そんなお子さんとの楽しい入浴タイムもいいですが、おかあさんもたまには一人で入浴して、リラックスもしたいですけどね。


スポンサーリンク

 - 育児のお話あれこれ