子どもが傘をさせるのはいつごろから?子どもの傘の選び方

育児のお話あれこれ





子どもが一人で歩きだすと、雨の日に傘を子どもがさしたがり始める時期来ます。

まだまだ、しっかりとしていないからどうしようかな?と考えるママも多いと思います。

そこで、今回は子どもが傘をさせる時期と傘の選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

子どもが傘をさせるのはいつごろから?

子どもが傘をさせるのはいつごろからなのでしょうか。

 

傘売り場に行くと、小さい傘も売っていますね。

2歳の子供でも持てる傘も販売しています。

しかし、きっちりと傘をさせるようになるには3歳4歳ころが良いでしょう。

 

3歳頃になると、まだ振り回したりして少し危ない面もありますが、親が近くにいて教えてあげられるのならば、3歳からでも大丈夫だと思います。

 

わが家の場合は、保育園に入園する時を機会に傘を持たせました。

4歳になる少し前だったと思います。

長男も次男も傘にすごく興味がありましたので、自分から傘を持ちたいと言い始めました。

次男もお兄ちゃんが使っているのを見て使い始めました。

 

ゆくゆくは使うようになるので、ゆっくりと正しい使い方を教えていくことが必要だと思います。

 

わが家の場合は、この頃から子供達に傘を持たせて良かったと思います。

スポンサーリンク

 

子どもの傘の選び方は?

子どもに傘を持たせるときの選び方はどのようなものでしょうか。

 

まず、サイズとしては3歳頃は40~43センチ、4歳は45センチ、5歳は47センチ、6歳は50センチを目安として選んでみてください。

 

子どもの身長はそれぞれ違うので、それぞれの子供に合わせたものにしましょう。

 

まずお店では、必ず傘を開いてみるようにおすすめします。

 

小さいと体が傘から出てしまったり、大きいときちんと前が見えなかったりするので、大きさをきちんと確かめることは大切・・・

キチンと合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。

 

傘の開いたり閉じたりすることは、とても難しいことなので、子供に合うようなワンタッチのものを選ぶのもいいかもしれません。

 

また、先が尖っていなくて危なくないものを選びましょう。

わが家の子供も選んだ傘は、先が丸くなったものでした。

 

もしもの時にも、先が丸くなっていたら振り回した場合にも友達を傷つける恐れが少ないと思います。

そうならないためにも、子供に傘の取り扱い方はしっかりと教えておきましょう。

 

また、3歳4歳といえどもまだ、危なっかしい時期ですからね。

傘が危ないものであることや、人がいるところでは傘を振り回さないことを、良く教え込みましょう。

 

また、風が強く傘が危ない時には、無理に傘を差さず、レインコートを着させるようにした方が無難です。

傘では、強い風と雨の場合にはとても危ないですから。

 

わが家の子供達も傘と、レインコートを併用させていました。

そして、傘を使う時には親も一緒にいてあげて様子を見てあげましょう。

後や前から車や自転車が来ることも多いですよね。

 

傘をさしていると、子供にはそれが見えません。

とても危ないので、車や自転車が来た場合には子供を支えてあげましょう。

 

傘を選ぶ時にもキャラクターで前も後ろも、見えにくい柄はお勧めできません。

前と後ろの見えやすいシンプルな傘がオススメです。

安全第一ですね。

 

傘を子供に持たせるのに、この時期からこの時期までにということはありません。

周りの様子を見ながら、子供のペースで傘を持たせ始めたらよいと思います。

 

安全に子供にぴったりの傘を選んであげましょうね!!

 

まとめ

 

今回は、子どもが傘をさせる時期と傘の選び方についてご紹介してきました。

子どもには傘を持たせて雨の日に一人で傘をさしてくれたら助かると、思うママは多いでしょう。

私も、その一人でした。

 

しかし、子供に傘を持たせるのは色々と大変なこともありました。

親は、子供が安全に傘をつかえるようになるまで見守っていくことが大切です。

子どもにも正しい使い方をしてほしいですものね!!



スポンサーリンク

コメント