家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

赤ちゃんの安全な虫よけ方法ー蚊取り線香やベープマットは大丈夫?

   





赤ちゃんと過ごす日々の中で夏になると、気になるのが安全な虫よけ方法です。

 

使うなら安全な方法が良いですよね。

 

そこで、今回は赤ちゃんのいる部屋でも使える虫よけについて紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんのいる部屋でも使える安全な虫よけ方法とは?

赤ちゃんがいる部屋で使える安全な虫よけ方法とは、どんなものでしょうか。

 

赤ちゃんがいる家庭では、赤ちゃんが蚊や虫に刺されないように、いろんな対策をされていると思います。

 

赤ちゃんの皮膚は、とても薄く敏感なので、虫に刺されると本当に腫れてしまいます。

 

生まれて間もない赤ちゃんは室内で過ごすことが多いので、虫にかまれることもないと思いがちですが、外から入ってくる虫には困りますね。

 

わが家では、やはり夏は蚊取り線香を使用しています。

スポンサーリンク

 

わが家の子供達は、特に次男が毎年蚊にかまれやすいタイプです。

 

蚊取り線香を室内でつけて直接煙が、来ないようにしています。

 

やはり、蚊取り線香をつけていると蚊は少ないように感じます。

 

蚊取り線香は、毎年の我が家の虫よけ対策には欠かせないものです。

 

蚊取り線香やベープマットは赤ちゃんに安全なのか? 

ところで、蚊取り線香は我が家でも毎年使用していますが、赤ちゃんに安全なものなのでしょうか。

 

蚊取り線香は、一般の虫よけに使用してあるディートが入っていないので安全な虫よけだと言えます。

 

しかし、蚊取り線香には2種類があります。

 

ディートが含まれていないけれど、安全と断言はできないところもあるようです。

 

赤ちゃんに安全かどうかをタイプ別に説明します。

 

  • 天然の成分から作られた蚊取り線香

 

天然の成分から作られた蚊取り線香は、キク科の除虫菊に含まれる虫よけの成分から作られています。

 

天然由来のものですので、赤ちゃんに使用するのはこちらのタイプなら安心して使えますね。

 

  • 殺虫の成分が入っている蚊取り線香

 

最近よく市販で売られている、蚊取り線香はほとんどがこのタイプです。

 

天然や植物と表記のないものは、すべてこのタイプと考えてよいでしょう。

 

体に影響はないとしても、小さな赤ちゃんの負担にはなります。

 

蚊取り線香を買う時には、成分をよく見て買うようにしましょう。

 

この2種類の違いで赤ちゃんに安全なものが分かります。

 

実際わが家では、市販の蚊取り線香を使用していました。

 

なるべく赤ちゃんに煙が行かないように、赤ちゃんの近くでの使用はやめていました。

 

あまり、気になる場合はドラッグストアーで売っている、虫よけシールなどを使用しても良いですね。

 

安心なユーカリの成分の香りで赤ちゃんにも安全ですよ。

 

ベープマットは赤ちゃんには安全か?

ベープマットは赤ちゃんに使用するのはどうなのでしょうか。

 

ベープマットには、ピレスロイドという成分が含まれています。

 

こちらは、除虫菊に含まれる虫除け成分が入っています。

 

人などは、ピレストロイドを代謝し排出できるので、人体には安全だと言えます。

 

赤ちゃんに使用する場合は、匂いがないものを選びましょう。

 

また、赤ちゃんが触らない棚の高いところに置いておきましょう。

 

赤ちゃんがいる部屋では、換気をこまめにして空気の入れ替えをするようにしましょう。

 

上手に使用して、赤ちゃんの虫刺されには気を付けましょう。

 

まとめ

今回は、赤ちゃんのいる部屋でも使える虫よけについて紹介してきました。

私も、子供達が赤ちゃんだった時にはとても虫には敏感になりました。

特に、蚊には神経質になっていました。

次男は肌が弱かったこともあり、蚊に刺されると心配しました。

赤ちゃんの虫よけには本当に気を遣いますが、蚊取り線香やベープマットを使って、うまく虫除けをしたいですね。



スポンサーリンク

 - 育児のお話あれこれ