赤ちゃんの皮膚、頭などの乾燥対策はこれだ!!

育児のお話あれこれ





冬場になると、空気が乾燥してきて肌が乾燥してきますよね。

 

大人でも、乾燥するくらいですからデリケートな赤ちゃんの肌ならなおさらですね。

 

今回は、赤ちゃんの乾燥肌と対策についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが乾燥肌になるのはなぜ?

赤ちゃんが乾燥肌になるのは、なぜでしょう。

 

赤ちゃんの肌は、デリケートなのできちんとケアしてあげないと、肌にトラブルが起きてしまいます。

 

生まれたての赤ちゃんは、皮脂がたくさん分泌されているので、皮脂がしっかりと肌を守ってくれます。

 

この状態が続くのであればよいのですが、新生児を過ぎると皮脂の分泌が抑えられて、肌の水分量が減ってきます。

 

また、赤ちゃんの肌のも大人と一緒のように、ほこりや紫外線を防ぐバリア機能が備わっています。

 

しかし、赤ちゃんのバリア機能は大人の半分以下なので、バリアが薄く影響を受けやすいのが乾燥肌の原因だと言われています。

 

バリア機能が薄く、皮脂の分泌が少なく水分も少なくなる新生児を過ぎたころは、特に気をつけましょう。

 

生後6ヶ月から1歳ごろにかけて、乾燥肌は少し落ち着くと言われています。

 

我が家の子供達も生後6ヶ月から、それぞれ乳児湿疹などで肌が赤くなっていた思い出があります。

 

最初の育児である、長男の時には乳児湿疹が結構ひどかったので心配しました。

 

肌の手入れと薬を塗ることで落ち着き安心したのをよく覚えています。

スポンサーリンク

 

困る!赤ちゃんの皮膚、頭の乾燥対策はどうすれば良いの?

赤ちゃんの皮膚や頭の乾燥肌を対策するには、どうすれば良いのでしょうか。

 

乾燥肌は、軽いものなら家でもケアできるものもあります。

 

いくつかを紹介していきます。

 

  • しっかり毎日ケアしましょう。

 

一番大切なのが毎日のケアです。

 

毎日朝晩は、保湿剤を塗ってあげるようにしましょう。

 

  • 入浴の時にも注意しましょう。

 

乾燥肌が気になる時には、石鹸で洗うのはお尻と髪の毛で充分です。

 

他の部分は、お湯で流すだけにしましょう。

 

お風呂に長く使っていると、お風呂上りに乾燥しやすくなるので気をつけましょう。

 

  • こすらないように、ひっかかないようにしましょう。

 

赤ちゃんの肌は、デリケートですので掌で泡立ててあげるだけで大丈夫です。

 

乾燥した部分がかゆくて掻いてしまいそうなら、手にミトンをつけてあげるようにしましょう。

 

また、掻きむしらないように指の爪を短く切ってあげるようにもしましょう。

 

  • 室内の温度に気をつけましょう。

 

特に冬場に乾燥する時には、加湿器で調節するようにしましょう。

 

  • ベビーローション、ベビーオイルを使ってみましょう。

 

ベビーローション、これは私が子供が赤ちゃんの時に乾燥対策としてしていたことです。

 

産婦人科でも薦められていたので、安心して使い始めました。

 

1日3回くらい朝起きた時や、出かけたときなどに使っていました。

 

赤ちゃんは、手足が特に乾燥しますのでそこを重点的に使いました。

 

ベビーオイルも、一日に1回風呂上がりに使っていました。

 

ベビーオイルを塗ってベビーマッサージをすると、赤ちゃんも機嫌がよくなって、良い習慣でした。

よく使われるのが、ジョンソンのベビーオイルです。

 

私も子供達が、赤ちゃんの頃はデリケートな肌なだけに、手入れに本当に気を遣いました。

 

特に、次男の場合は特に乾燥肌なりやすいタイプでしたので、肌のお手入れには神経質になっていました。

 

家でできる対策で、赤ちゃんの肌を大切に守ってあげたいですね。

 

まとめ

乾燥肌は、赤ちゃんの肌トラブルに結びつきます。

乾燥肌を防ぐためにも、赤ちゃんのバリア機能を守ってあげることが大切ですね。

 

乾燥肌になると、見た目も赤くなって痛々しくなってしまうので、しっかり保湿ケアと加湿で乾燥肌対策をしてあげてくださいね。


スポンサーリンク

コメント