離乳食をあまり食べない赤ちゃん―どうすればいい?

育児のお話あれこれ





離乳食は、生後5ヶ月6ヶ月頃からはじめます。

 

赤ちゃんの成長により、それぞれの赤ちゃんの離乳食は変わります。

 

食べてくれていた時期もあったのに全然食べなくなってしまったり、逆に前は食べなかったのに食べだしてくれることもあります。

 

今回は、離乳食をあまり食べない赤ちゃんについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

離乳食をどうして食べてくれないの?

赤ちゃんはどうして離乳食をたべてくれないのでしょうか。

いくつかの原因をご紹介します。

 

まだ、母乳やミルクが好きで離乳食に興味がない。

特に、生後5.6ヶ月は母乳やミルクが好きな赤ちゃんが多いようです。

 

我が家の子供達もせっかく離乳食を作っても、ほとんど食べずにミルクを飲んでいたことがありました。

時間をかけて作っただけに残念に思った思い出があります。

 

しかし、その子の成長過程ですので気長に待ちましょう。

そのうち、時期が来たら食べるようになります。

 

  • 離乳食がその子に合っていない

離乳食の固さが違っていたり、嫌いなものが出たら赤ちゃんは食べたがりません。

 

  • お腹がそんなに空いていない、他のことをしたい。

赤ちゃんの体調によりまだ決まった時間に、きっちりと離乳食を食べられるものではありません。

また。もしかすると遊びたいのかもしれません。

 

  • いつも同じ離乳食で飽きてしまった。

いつも同じような食材で離乳食を作っていると、赤ちゃんも飽きてしまいます。

少し、食材や固さも変えてみましょう。

 

この様に赤ちゃんが、離乳食を食べない理由にもさまざまあります。

 

少しの工夫で、赤ちゃんが離乳食を食べてくれるようになると思います。

スポンサーリンク

 

どうすれば、離乳食を食べてくれるようになるのか

それでは、どのようにしたら赤ちゃんが離乳食を食べてくれるようになるのでしょうか。

 

  • 赤ちゃんの好きな定番の離乳食をつくりましょう

色んなアレンジを考えるのも大切ですが、まずは赤ちゃんの好きな定番の離乳食を作りましょう。

それを基に少しづつ変えていきましょう。

 

我が家の場合でしたら、かぼちゃの炊いたものが好きでした。

それをおかゆに混ぜたらとてもよく食べてくれて驚いたことがありました。

かぼちゃは、赤ちゃんにはとても人気があります。

 

まずは、赤ちゃんの好きなものを探すことが大切です。

 

  • 食器を今までのと変えてみよう

いつものお皿、スプーンフォークだと赤ちゃんが、飽きてしまうことがあります。

お気に入りに物を作りその他にも2つほど用意しましょう。

 

また、柔らかい触感の食器を赤ちゃんに用意するようにしましょう。

赤ちゃんにより木製のものが好きな赤ちゃんもいますので、好みを見つけましょう。

 

我が家の子供が赤ちゃんの時には、木製のスプーンやフォークが好きだったので色々飽きないように用意しました。

 

お店に行くと、色んな種類やデザインのものがあるので迷いますが、いくつか買っておくと便利です。

 

  • 大人と一緒にご飯を食べよう

赤ちゃんは、家族や大人と一緒にご飯を食べることで食に興味を持ち始めるようです。

 

離乳食に興味を持たない赤ちゃんでも、みんながおいしそうに食べているのを見ていると、きっと離乳食に興味を持ち食べだすことでしょう。

 

みんなで美味しそうに食べているのを見るだけで、関心度も違ってくるかもしれません。

これは、重要なことですね。


 

まとめ

 

今回は、離乳食をあまり食べない赤ちゃんについてご紹介してきました。

我が家も、次男が食が細く離乳食を食べずに困ったことがありました。

 

しかし、焦らずに時期が来るのを待ちました。

10ヶ月あたりからご飯に興味を示し、よく食べてくれるようになりました。

 

その子その子により離乳食の進み方も違いますが、焦らずに取り組みましょう。

それが一番大切です。


スポンサーリンク

コメント