家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

胃カメラ検査 体験記!費用はどれくらい?鼻から入れる方法で

      2016/05/02





今や2人に1人がガンにかかる時代。早期発見にと市区町村でも自治体が、安い費用でいろいろなガン検診をしてくれるようになりました。

しかし私は、胃のレントゲン検査が大の苦手…。

(あのバリウムを飲んで、ぐるぐる回転撮影するやつです)

それにX線検査でひっかかったら、「精密検査してください」ということで胃カメラをしないといけないので、それならはじめから胃カメラでみてもらった方が、結果もすぐその日に分かるし…と思い、今回3年ぶり?に胃カメラ検査をしました。

スポンサーリンク

胃カメラ検査前の診察

私は、かかりつけの内科クリニックがあるので、毎月そこで貧血の治療のため薬をもらっています。

そのクリニックで検査をすることにしたのですが、今は鼻から挿入する方法が主流ですね。

胃カメラの検査日の前に、まず血液検査が行われます。

これは、肝炎などに感染していないかどうかを調べるためと思われます。(器具を通しての他人への感染を防ぐため)採血はふつうの血液検査と変わりません。

その結果問題なければ、胃カメラ検査の実施となります。

検査日を予約し、1週間後…となりました。

doctor-811455_640

胃カメラ前日

前日の夜9時までは、ふだんと変わらない生活でOKです。

しかし前日の夜9時以降は、いっさい飲食はしないでください…ということだったので、前日の夕食はその前にすませ、なんらかの薬を常用している人は、薬も9時までに飲んでおかなければなりません。

もちろん、たばこやアルコールもダメです。

翌日朝食も水も取れないので、8時45分くらいにもう一度、夜食かおやつを食べ、お茶をいつもより多く飲んでおきました。そして11時ごろ就寝~。

 ※ちょっと注意点…
私の場合は検査は8:15~だったので、そんなに問題は

なかったのですが、病院によっては検査時間が、10時~11時~
となるところもあります。
その場合、特に真夏は12時間以上~水も飲めないので、
体力のない方や高齢者などは、脱水症状や熱中症にならないよう、
検査を受ける時期や季節も考慮したほうがよいでしょう。

当日の検査の流れ

予約時間の8:15に受付を済ませると、しばらくして看護師さんが液体の薬がはいったコップを持ってきて、「飲んでください」と言われ150ccほどの量を飲みました。(味はおいしいものではないです)

そのあと、両鼻に液状のものを流し込まれました。(これはちょっと何か分からなかったですが、麻酔ではありません)

喉まで流れたら、飲み込んでよいとのことだったので、ゴクリ。これも正直気持ちの良いものではありませんが…。

その後、胃の動きを止めるために筋肉注射を1本打たれました。

さていよいよ検査室へ~

ベッドに横になって、今度は鼻から麻酔(ゼリー状のもの)を流し込まれます。
これも、喉まで流れたら飲み込んでください…とのこと。

必然的に流れてくるので、飲み込まざるを得ないです。

そしたら喉までだんだん麻酔がしみていく感じ~。
5~6分経ったでしょうか。

 

さあ、これから検査開始です。

鼻から入れる胃カメラは、太さ1cmもありません。8mmくらいでしょうか。
(それでも鮮明な画像が写るのですごいですね。技術も進んだものです)

鼻の細い人は、入れる時すこし苦労するかもしれませんが、そんなに痛くはありません。
麻酔をしているので、違和感といった方がいいでしょうか。
私はまあ問題なく鼻を通りました。

次は、喉の部分です。

「はい、ゴックンと飲んでください」とカメラをゴクン…。
そこまで終われば、後は口から入れる胃カメラとは違い、えづくこともないのでわりと楽です。

ただ、胃のあちこちに胃カメラがあたる時、ちょっと変な感じがしますが、それも5~6分の辛抱です。小さなポリープなどは、この時ついでに切ってくれます。

正味30分ほどで終了しました…。

気になる費用は?

胃カメラの場合、検査前診察(血液検査)と検査当日の2回受診しなければなりません。

私の場合は、国民健康保険の3割負担でしたが…

 検査前診察    ¥2280

 検査当日     ¥8600     

しかし、私はかかりつけのクリニックで診察料は再診でしたし、貧血の薬の代金も含まれていましたので、胃カメラだけの費用とは少し違っていますが、だいたい保健適用3割負担の方でしたら、検査費用は1万円前後といったところではないかと思います。

病院のよっては、全身麻酔をかけてするところや、検査のついでにポリープを切除して組織検査したなど、いろんなケースがあり、そのためかかる費用には多少の違いがあると思われます。

 

まとめ

胃カメラ検査は、保険も適用できそんなに頻繁にするものでもないので、気になる症状のある方は、一度受けてみる価値はあると思います。

それで万が一、初期の胃がんが発見・治療できればやすいものです。

そんなに怖くないので、中高年の方では受けてみられてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク

 - 健康