家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

霧島アートの森は料金がリーズナブルで満喫できますよ

      2018/06/08





鹿児島県でイチオシの穴場観光施設は、霧島アートの森です。

現代アートが屋内だけでなく屋外に展示され、その多くが手で触れることができます。

私が行ったときは、二月の寒い日の平日で、人が全くいませんでしたが、ゴールデンウィークや春の暖かい時は混雑する日もあるようです。

行くなら、意外と寒い冬が穴場かもしれません。

 

スポンサーリンク

霧島アートの森のアクセスと料金など

場所は、栗野岳の中腹(〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地22)にあります。

まわりには牧場などが広がっており、非常にのどかです。

 

開園時間は、9:00~17:00 (入園 16:30まで)

7/20~8/31の土・日・祝は19:00まで(入園 18:30まで)となっております。

毎週月曜日(休日の場合は翌日)と年末年始(12/29~1/2)が基本的なお休みですが、臨時休園日(2月の第3月曜日~第4月曜日)があるので、2月は注意が必要です。

 

入館料

この美術館で一番おすすめな点は、その観覧料の安さです。

一般310円、高校生・大学生200円、小学生・中学生150円で入ることができます。

特別企画展が開催される場合は、別途料金がかかる場合がありますが、常設展示はこの値段だけで楽しめます。

また、幼児は無料で入れるので、小さいお子さんのいるご家庭にはうれしいですね。

 

交通アクセス

交通手段は、栗野岳の中腹にあるため、車で行くのが一番楽かと思います。

駐車場は、およそ200台、身体障害者用駐車場も完備してあります。

九州自動車道「栗野IC」から、約20分で着きます。

 

電車の場合は、鹿児島中央駅から日豊本線途中で、隼人駅で肥薩線に乗り換えて「JR栗野駅」で下車すします。
または観光特急「はやとの風」にて「JR栗野駅」下車します。

それから、湧水町営ふるさとバス、またはタクシーで20分ほどかかります。

 

鹿児島溝辺空港からならば、空港リムジンバス「南国交通 大口・水俣行き」に乗り、「いきいきセンターくりの郷」で下車し、湧水町営ふるさとバス、またはタクシーで目的地まで着きます。

電車、空港どちらからでも、最終的には湧水町営ふるさとバスか、タクシーでアートの森まで行くことができます。


 

霧島アートの森の見どころ

見所は、なんといっても実際のアートに触れられるところです。

広大な土地のあちらこちらにアートがちりばめられ、子どもも走り回りながらアートに親しむことができます。

大人も普通の美術館では、静かに観覧しなければならないことが多いですが、ここならうるさくしても迷惑になりませんし、子どもが遊んでいる間にゆっくり観賞することができます。

 

遊び道具の持ち込みは禁止されていますが、お弁当の持ち込みは可能ですので、晴れた日には、外の美術作品を観賞しながらお弁当を食べるのもいいかもしれませんね。

 

美術館からは、近くの牧場の牛を見ることもできます。

また、草間彌生の作品など有名なアーティストの作品も展示してあり、観覧料が安い割にはお得感があります。

割引情報については、見つけることはできませんでしたが、アートの森には、年間パスポートもあります。

大人620円、高校生400円、小・中学生300円ですので、二回行ったら、元がとれます。

鹿児島県近県の人はパスポートを持ってると、気楽に何度も行けていいかもしれません。

 

美術館には、カフェテリアも併設されています。

結構広いカフェテリアですので、そこで外の美術作品を眺めながら、ゆっくりと過ごすことができます。

 

さらに創作活動体験や講習会を行う多目的ホールがあります。

不定期で開催されるので、ホームページなどで確認してから行くといいかもしれませんね。


 

スポンサーリンク

 - レジャー・観光