フォローアップミルクはいつまで?必要ない子もいるの?飲ませ方のタイミングなど

育児のお話あれこれ





子供を、育てているとフォローアップミルクという言葉はよく聞きます。

 

離乳食の前後にあげるものなのですが、母乳育児をしていたりミルクをあげていたりすると、気になるものです。

 

そこで、今回はフォローアップミルクをどのようにあげるのか、いつまであげるのか、飲ませ方のタイミングについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

フォローアップミルクはいつまで?

 フォローアップミルクとは、離乳食が3回になる頃に、食べ物だけでは取り切れない栄養分を補うミルクとされています。

 

マグや、コップで飲む子供が多いです。

 

中でも脳の発達に良いDHAや、鉄分、カルシウムなどを補えるようにできているものや、味も甘いものからあっさりしたものまで、色んな種類があります。

 

フォローアップミルクは、いつまであげるのがよいのでしょうか?

 

フォローアップミルクは、普通は離乳食が3回になった9ヶ月ころから使用し始めます。

どのフォローアップミルクのメーカも3歳くらいを目安にしているようです。

 

1歳を過ぎたら、アレルギーがない子は牛乳から栄養が摂れるので、フォローアップミルクの必要がなくなります。

スポンサーリンク

 

必要ない子もいるの?

フォローアップミルクは、栄養を補うのが目的なので、離乳食や母乳で栄養がとれているようなら、必要ないでしょう。

 

わが家の子供達は、フォローアップミルクは長男、次男は使用しませんでした。

 

長女の時には、ママ友達の子供がフォローアップミルクを飲んでいた、というのを聞いてあげてみようと思い、初めてフォローアップミルクをあげました。

 

フォローアップミルクをあげることで、何か良くなったことなどは特になかったです。

 

しかし、気分的にはフォローアップミルクをあげているから、栄養が摂れていると安心できていました。

 

1歳過ぎると、牛乳に変えていったので、自然にフォローアップミルクはやめました。

 

 

飲ませ方のタイミングなど

 

フォローアップミルクは、哺乳瓶でも良いですがコップやマグが使えるようにするためにも、コップやマグで飲ませるのがオススメです。

 

フォローアップミルクの缶、箱に記されている量を目安に、おやつの時や離乳食の後にあげるようにしましょう。

 

フォローアップミルクをあげすぎるのも、栄養を摂りすぎになってしまうので、離乳食や食事の多さなども考えた上でバランスを・・・。

 

フォローアップミルクの量を決めるときは、体重にはちょっと注意です。

 

赤ちゃんの体重は一人ひとり違いががあるので、この量だなどと決めずに、成長していく過程で比べながら、適量を与えてあげる必要があります。

 

普通は、生後9~12ヶ月頃で1日約450〜600ml、そのあとは、おやつなどに1日400ml(朝と昼からで200mlずつ)で、赤ちゃんの様子をみて決めていくようにしましょう。

 

フォローアップミルクは、やはり食事を補うものです。

 

母乳やミルクで栄養が摂れているようなら必要ないですね。

 

赤ちゃんの様子をよく見て、必要な時にあげるようにしても良いでしょう。

 

近年、フォローアップミルクは、使用しなくても良いという説もあるようです。

 

それは、必要以上の使用はしなくても良いという意味も込められています。

 

子供の成長を見守りながらどうするか決めましょう。


 

まとめ

 

今回は、フォローアップミルクをどのようにあげるのか、いつまであげるのか、飲ませ方のタイミングについてご紹介してきました。

 

わが家の子供達は、比較的あまりフォローアップミルクとは無縁でした。

 

離乳食も母乳、ミルクも良くのんでいたので、あまりフォローアップミルクは考えませんでした。

 

長女もあまり長くはフォローアップミルクは飲みませんでしたし・・・。

 

しかし、3人とも元気に育ちましたので、フォローアップミルクは必ずしも必要だとはいえないでしょう。

 

充分に栄養が摂れていない場合の補充と考えて置いて、良いと思います。



スポンサーリンク

コメント