赤ちゃんの紫外線対策ー日焼け止めや日焼け防止グッズをどう選ぶ?

育児のお話あれこれ




赤ちゃんを育てていると、日差しからデリケートな赤ちゃんの肌を守る紫外線対策が気になりますね。

 

赤ちゃんの紫外線対策には、どのようにして取り組めばよいのか分からないママもいます。

 

そこで、今回は赤ちゃんの紫外線対策、日焼け止めや日焼け防止グッズについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの紫外線対策について

赤ちゃんの紫外線対策はいつ頃からはじめたらよいのでしょうか。

 

赤ちゃんの肌は、デリケートで大人の肌の厚みの半分の厚みしかありません。

 

肌に紫外線やダメージを受けやすいので、紫外線対策は生まれてすぐからしましょう。

 

ただし、生まれてから6ヶ月に満たない赤ちゃんには、日焼け止めを塗らない方法での紫外線予防をおすすめします。

 

生まれてすぐの赤ちゃんの肌は、肌のうるおいを守る皮膚膜も少なくデリケートとてもデリケートです。

日焼け止めにかかわらず、市販のクリームもアレルギーなどを引き起こすこともありますので、使わないことをお勧めします。

 

わが家の場合は、子供達が小さいころは肌質も分からなかったので、8ヶ月くらいまでは紫外線のクリームなどは使わないようにしていました。

 

次男が肌が弱いことが、後から分かったので使わなくてよかったです。

日焼け防止は帽子をかぶらせたり、日焼けをしないようにベビーカーにひさしを付けたりしていました。

 

赤ちゃんの頃の肌は、本当にデリケートですので肌を守ってあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めの選び方

日焼け止めは、基本的には6ヶ月を過ぎると使えます。

 

日焼け止めを選ぶポイントは

ベビー用のものを選びましょう

 

大人の使う日焼け止めは、デリケートな赤ちゃんの肌には負担がかかります。

 

ですので、必ずベビー用を使用しましょう。

 

ベビー用でも安心せずに、パッケージも良く見てから購入したほうが無難です。

中には、余分な成分が含まれているものもありますので。

 

 

紫外線散乱剤を選びましょう

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。

 

紫外線吸収剤は、紫外線からのダメージよりも、デリケートな赤ちゃんの肌に負担をかけてしまうので、紫外線散乱剤を使用するようにしましょう。

 

SPFとPAを確認しましょう

 

SPFは、紫外線B波を防ぐ目安になります。

 

数値が高いほど効果が長く続きます。

 

低いほど肌への負担は減ります。

 

PAは、紫外線A波は防ぐ目安になります。

 

+の多いほど効果が高く肌の負担が高くなります。

 

普通の生活では、SPF10から20PA++がおすすめの値です。

 

石鹸で落とせるもの

 

日焼け止めは、石鹸で落とせるものがおすすめです。

 

日焼け止めが残っていると、肌荒れを起こすこともありますので注意しましょう。

 

普段使っているベビー石鹸を良く泡立てて使用するといいですね。

 

これらを基準にして、日焼け止めを選ぶようにしてみてください・・・


 

日焼け防止グッズでのオススメ

 

4月から10月は紫外線も多い時期ですので紫外線予防グッズも併用しましょう。

帽子

 

つばが広く深くかぶれるものが良いです。

頭皮のケアにもなりますので使用しましょう。

 

ベビーシェード

 

場所や時間により日差しは、変わりますのでこれが大変役立ちます。

わが家でも、子供達が赤ちゃんの頃からベビーシェードをベビーカーにつけていました。

日焼け予防にもなりますし、夏は涼しく過ごせます。

 

上着、レッグウォーマー

 

赤ちゃんの肌の露出部分を隠してくれますので、日焼けから紫外線から守ってくれます。

 

まとめ

今回は、赤ちゃんの紫外線対策、日焼け止めや日焼け防止グッズについてのご紹介でした。

わが家でも子供が赤ちゃんの頃は、肌への紫外線には気を付けていました。

紫外線は4月から10月の10時から14時が一番きついようです。

これらに気をつけて、赤ちゃんの肌を紫外線から守りましょう。


 

 

 

スポンサーリンク

コメント