マリンワールド海の中道(水族館)ー九州の外洋魚類は迫力満点!

レジャー・観光





福岡県にあるマリンワールド海の中道(水族館)ってごぞんじでしょうか?

海の中道は、広い公園の中に動物がいる施設や、志賀島へと連結していて、展望台などにもよることができるので、水族館だけでなく楽しめる場所になっています。

今回は、マリンワールド海の中道の楽しみ方情報をお届けします。

スポンサーリンク

 

基本情報

所在地は福岡県福岡市東区西戸崎です。

営業日はほぼ休みなくあいています。

営業時間は9時半から17時30分までです。

 

交通アクセスは福岡市天神や福岡空港から行く場合、都市高速1号線で香椎浜ランプより降りて、海の中道海浜公園へ向かいます。

途中途中で案内標識が出ているので分かりやすいです。

香椎浜ランプから海の中道公園までは6km程度15分ぐらいの所要時間です。

車でのアクセスだと途中の景色が美しく、砂浜や観覧車など絶景が楽しめます。

 

駐車場は水族館の施設の中に広大な面積のものがあり、有料です。

広々としていて少々混雑していてもとめることが出来ます。

私は、過去にGWの混雑時に利用しましたが、待ち時間はあったものの、とめることが出来ました。

 

マリンワールド海の中道(水族館)のみどころ

みどころは、いるかのショーです。

あと九州の外洋で生活している外洋大水槽の魚たちは、迫力満点ですのでぜひ見てくださいね。

個人的にはスナメリが好きです。

スポンサーリンク

 

2017年4月にリニューアルオープンしたので、設備が整っていて、ひとつひとつがとてもきれいです。

階段が少なく、スロープになっているので、ベビーカーなどでも移動しやすいと感じました。

私は、4歳の娘と0歳の息子をつれていきましたが、楽しめましたよ。

 

土日限定でバックヤードツアーなども企画されていて、先着順ですが15名まで500円で参加できるので、貴重な体験が出来るのではないでしょうか。

普段見られない水族館の裏側は、きっと家族みんなで楽しめると思います。

 

ランチ・お土産

お薦めランチは、水族館の中のレストランです。

いるか水槽を見ながら食べることができるので、食事中も水族館を満喫できます。

お土産は、水族館内にかわいい生き物を模したグッズが販売してあり、普段変えないようなものもたくさんあります。

私がちなみに過去に買ったものは、

グロテスクなリアルさのあるたこのぬいぐるみ

福岡県ならではの金印のレプリカ(志賀島で出土したために販売されている)

ダイオウグソクムシの口がチャックになっているペンケースです。

どれも気に入っています。

ほかに気になったものは、チンアナゴのとっても長いぬいぐるみです。

もちろん個人の趣味ですので、かわいいものもたくさんあります。

4歳の娘は杖のさきに車輪のついた、いるかのおもちゃをおじいちゃんに買ってもらいました。

歩くと独特の鳴き声でなきます。

ほほえましいおもちゃでした。

 

お得な割引料金の情報

ちなみに割引もいろいろあるようです。

私が実際に利用したのは、コンビにで前売り券を発券して持っていくというものです。

当日でも有効です。

通常入館料が大人2300円、中学生1200円、小学生600円、幼児(4歳以上)600円なのですが、前売りで入館すると大人は2100円、中学生は1100円、幼児は500円というように、お得に入館できました。

だいたいどのコンビニでも対応しています。
私はセブンイレブンで購入しました。

 

トイレなども整備されているので、小さい子どもずれでもオムツ替えなどの心配も少ないと思います。

ところどころ休憩できるイスもあったので、ジュースやアイスを片手に一息もつけました。

水族間の帰りに、海の中道海浜公園によってみようと思われる方は、セット料金もお得です。

マリンワールド入館券+公園入場料で2130円(580円もお得)で利用できます。

この公園は、とにかく広くて、お花好きにはもってこいです。

季節ごとにバラ園やフィモネラなど、本当に色とりどりの花が整備されています。

動物園や遊園地も併設されていて、お弁当を持ち込んで食べる家族も、たくさんいらっしゃいます。

他にもJRとのセットや、西鉄電車などのセットもあるようなので、公式HPでチェックしてみるのも良いかもしれません。



スポンサーリンク

コメント