家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

今治タオル美術館は入場料を払う価値あり!?満足できるスポット

      2018/06/17





今回おすすめしたい愛媛県のイチオシ観光スポットは、今治市にあるタオル美術館です。

今治市と言えば、バリーさんや質のいいタオルで有名ですよね。

そこでぜひ訪れ見てほしいのがこのタオル美術館です!

タオルの世界を満喫できますよ。

スポンサーリンク

 

タオル美術館基本情報

交通アクセス

この美術館は今治市朝倉に位置しています。

今治ICからは車で15分、東予丹原ICからは車で10分です。

通常の営業時間は9時30分から夕方6時までですが、毎週土曜日、連休(最終日は除く)は開館時間を20:00まで延長いています。

ゴールデンウイークなどの時期も、営業時間を延長してるので、いつもよりもたっぷりと見学やお買い物を楽しむことができます。

 

入館料

入館料は通常大人800円、中高生600円、小学生400円、小学生以下は無料で、高齢者割引と障がい者割引があります。

また、15名以上と30名以上でも割引されます。

駐車場は無料で、ショッピングと食事だけの利用でしたら入館料は必要ありません。

 

タオル美術館のみどころ

入館料を払わずにお土産、食事、ガーデンだけを楽しむこともできますが、入館料を払う価値は大いにあります。

四階の展示会場には、常時展示さてれいるアツコ マタノ タオルアートコレクションや、ムーミンの世界展を含め、様々な展示があります。

40色カラーコレクションはとても色鮮やかで、自分が好きな一色が必ず見つかるはずです。

 

タオル工場見学ブースもあるので、どんな工程でタオルが出来上がるのかを見れば、余計タオルが欲しくなるかもしれません。

コットンロードと呼ばれる、タオルの原料である綿でできたケーキ屋アイスクリームが展示されているコーナーは、まさにインスタ映えです。

家族連れはもちろん、若い方など幅広い層の方に楽しんでいただけます。

スポンサーリンク

 

この美術館の魅力はタオルだけではなく、ガーデンにもあります。

芝生と花壇を基調にした、広大でエレガントなヨーロピアンガーデン。

そこでは、ムーミンと仲間たちのブロンズ像と、四季折々に咲く花や果実があなたを出迎えてくれます。

まだ寒い春先から、ビオラ・梅・桜・菜の花が咲き始め、春の盛りには、フジ・ハナミズキ・ライラック・ドウダンツツジが一斉に咲きそろいます。

夏の始まりを告げるのは、ラベンダー・シャクナゲ・ベゴニア・夏ツバキ・バラ・サツキ、梅雨に入るとアジサイやクチナシ、ヤマモモが見頃になります。

ランチ・おみやげ

ランチ

間近でガーデンを楽しむのもよし、四階のガーデンカフェでガーデンを眺めながらアイスクリームや軽食を楽しむのもありです。

ガーデンカフェ以外にも、本格的な中華を楽しむことのできる中華レストランと、ミュージアムカフェも併設されています。

オープンからお昼、夕方までゆっくりと展示とガーデンを楽しみ、食事も楽しむことができます。

とっても贅沢なひとときを過ごせそうです。

 

お土産

館内オリジナルのタオルのお土産もとっても魅力的でが、四国の物産コーナーもあるので、四国らしいお土産を買い忘れた方は、ここでも購入できます。

もし時間がなかったり、迷い迷って決められなかった場合には、タオル美術館オリジナルオンラインショップで商品を購入することも可能です。

ラッピングサービス、刺繍サービス、メッセージカードなど、様々なサービスも利用できます。

 

またタオル美術館では結婚式を挙げることもできます。

ゲストの方には、ありがとうの気持ちがこもったミニタオルがプレゼントされます。

レストランで大事な人とだけの、アットホームな挙式を挙げることもできます。

結婚式、披露宴のカップルに一家に一台の送迎バスのサービスもうれしいです。

旅で訪れるのも良し、結婚式で訪れるのも良し、そしてその内容は楽しいタオル展示からガーデンまで多方面です。

四国を訪れる際にはぜひ愛媛の今治市を訪れてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク

 - レジャー・観光