志摩自然学校のウォーターボールって何?普通の海水浴では体験できない楽しさ

レジャー・観光





三重県一押しの観光施設としておすすめしたいのが志摩自然学校です。

私たちは数年前にサミットがあった賢島に滞在したのですが、その時に一番楽しかったのがこの志摩自然学校が主催するアクティビティーの数々です。

伊勢志摩観光の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

 

志摩自然学校の基本情報

〈交通アクセス〉

近鉄の鵜方の駅からレンタカーを借りて25分ほどで行ける場所にあります。

所在地はともやま公園内になりますが、レンタカーのナビですぐに出ますし、事前に問い合わせをしておけば丁寧に行き方を教えてもらえます。

〈営業時間〉

営業時間は9:00から17:00ですが、おやすみは不定休で、問い合わせ時にも言われましたが、天候に大きく左右されるので、事前のチェックは必ず必要です。

 

さあ、自然体験してみよう!

好きなアクティビティーは旅行代理店で聞き、直接電話で申し込みをしました。

自然豊かな環境でいくつもの「初めての体験」ができるので、大変におすすめです。

あいにく最初の日は大雨に降られ、大変にがっかりしながら、それでも予約をしていたので、自然学校に向かいました。

 

しかし、到着後ラッキーなことに小雨になり、アクティビティー開始時間までは、待合室のようなところで工作をしながら時間を潰すことができました。

小学生の子供が一緒だったので、工作は大変に便利でしたし、本人も楽しんでいました。

貝殻や自然のものが箱にたくさん並べられていて、ここから好きなものを選んで、フォトフレームやドアサインなどを作れるというものです。

貝殻がたくさんあったので、都会っ子の娘は大変に喜んで作業をしていました。

 

ウォーターボール

その後、運良く雨が上がり、予約をしていたウォーターボールに入ることができました。

ウォーターボールとは大きなビーチボールで、その中に実際に入り、それをモーターボートでひっぱってもらうというアクティビティーです。

透明なボールに大人二人、子供一人で入り、滑らないようにスリッパを履き、「では行きまーす!」の掛け声とともに、勢い良くモーターボートにひっぱってもらいます。

お約束のように急カーブをしてくれたり、ボールの中で全身汗だくになりながら、ぐるぐると回るのが本当に楽しかったです。

普通の海水浴ではできないようなアクティビティーですので、大変おすすめです。

私たちは雨上がりのひんやりとして時間帯に行ったのでよかったのですが、これを真夏の炎天下でやるとかなり暑いと思われますので、そこはご注意、というか覚悟が必要です。

 

シーカヤック

その後、2つ目のアクティビティーとして予約していたのがシーカヤックです。

主人と娘、そして私とインストラクターの方と二人ずつカヤックに乗り、決められたコースをゆったりと漕いで帰ってくるというものです。

オールの使いかた、進みかた、方向転換の仕方などを丁寧に教えてくださり、本当に充実したカヤック体験でした。

スポンサーリンク

 

真珠の養殖見学

また、三重県の施設らしく、途中で真珠の養殖の様子を見せてくれる箇所もあります。

水中を見る特別な器具を使って、水の中でどのように真珠が養殖されているのか、とってもよく見えて面白かったです。

小学生の娘はこれが印象に残ったらしく、夏休みの絵日記にこの時の様子を書いていました。

その後、施設に戻ると、インストラクターの方にお渡ししていたデジカメを返していただきました。

シャッターチャンスを逃さずに、本当にいい写真を撮ってくださっていたので、大変に感激したのを覚えています。

 

食事は賢島の宿泊施設に戻り、ホテルでランチをするしかなかったので、そこは事前に計画を立てておいた方がいいかもしれません。

志摩自然学校ホームページ http://www.shima-sg.com/index02.html

ミキモト真珠島

次の日には鳥羽に移り、定番のミキモト真珠島に行きました。

ここで真珠の養殖のことが細かく展示されていましたが、前日に志摩自然学校で、本当の養殖の様子を見ていたためか、子供の関心も非常に高かったです。

 

ミキモト真珠島ではあまさんが実際に海に潜る、昔ながらの真珠の取り方も見せているので、すべてを総合すると真珠のことが大変によくわかります。

 

ミキモト真珠島のお土産屋で真珠のお土産はたくさんありますが、私は真珠島を出て、周りに点在するジュエリーショップのものの方が素敵に思えました。


スポンサーリンク

コメント