家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

出石町(いずしちょう)観光はぜひそば打ち体験を!

      2018/09/05





兵庫県民がおすすめするイチオシの穴場観光スポットは但馬(たじま)の国、出石町(いずしちょう)です。

観光を始める前に情報収集のために出石観光協会に訪れることをオススメします。

モデルコースやマップ、イベントの詳細などがもらえるため便利です。

スポンサーリンク

 

出石町観光情報

出石町は「但馬の小京都」ともいわれ、レトロな町並みが広がります。

出石町はたいへん歴史が古く、京都ほどの壮大さはありませんが、コンパクトに観光名所が集まった町です。

なので、日帰りや神戸観光、有馬・城崎温泉の後にふらりと足を伸ばして、出石町の歴史的な街並みを散策するのもいいと思います。

歴史的であるけれど格式高くなく、すっと視界と心に広がるどこか懐かしい雰囲気の町です。

 

観光協会は、兵庫県豊岡市出石町内町104-7に位置しています。

月曜~日曜日の9:00~17:00が通常営業日のようです。

 

アクセス方法としては車、電車、飛行機と、全ての公共交通手段が使えます。

お車でお越しの方は大阪・神戸・京都方面からだと約3時間かかります。

 

電車の場合は、JR京都方面から特急で約2時間30分かかります。

他にはJR山陰本線「特急きのさき」にて「豊岡」 「江原」「八鹿」駅下車。

その後、全但バスに乗り換え出石行きで約30分かかります。

 

大阪方面からの場合は特急で約2時間30分になります。

飛行機の際は但馬空港が最寄り空港になります。

但馬空港から出ている全但バスで豊岡駅→出石行きバスに乗り換えて約30分になります。

お車の際でも、観光協会や市役所に複数の駐車場があるため安心です。

基本的に利用料は乗用車であれば400円です。

スポンサーリンク

 

辰鼓楼の大時計

出石観光の見どころとして、まず観てほしいのが町のシンボル、辰鼓楼の大時計です。

1871年の建設当時は一時間刻みで太鼓で時(辰)を知らせていたことから、この名前がつきました。

明治14年以降は時計台として、観光の目玉として地元の方や観光客に親しまれています。

その他にも、歌舞伎俳優の片岡愛之助さんも愛する「出石永楽館」は必見です。

近畿最古の芝居小屋として、現在も日本の古典芸能が上演されています。

公演の無い日は中に入って廻り舞台、奈落、花道といった劇場機構をみることもできます。

普段あまり観ることのない、芝居小屋の雰囲気を味わうことができます。

創建当時の趣を残した看板や、人情味柱の落書きや傷なども現存しており、永楽館の歴史が感じられます。

出石しかできない地元の体験をぜひ!

出石でできる体験として、そば打ち、出石焼の絵付け、約15分ほどでできる本革小物製作、お時間に余裕のある方は本革トートバッグ製作が楽しめます。

地元グルメである出石そばのそば打ち体験は、ここでしかできない貴重な体験です。

また、出石焼絵付け体験やハンドメイドの皮製品体験では、作ったものを持って帰れるので、旅の思い出づくりにも最適です。

地元グルメとして、出石といえば「出石そば」というくらいそばが有名です。

出石町を観光していると至る所に蕎麦屋さんがあります。

出石焼の小皿に盛りつけた皿そばを五枚で一組一人前としで数え、薬味と徳利に入ったダシでいただく独特のスタイルです。

薬味も多彩で定番は玉子、とろろ、ねぎ、大根おろし、わさびなどです。

更に、基本的に濃いめのダシになりますが、お店ごとにこだわりの素材を使ってダシを作っています。

各お店ごとのダシの違いを味わうのも一興ですね。

 

ぜひ一度、大阪やや京都、神戸の観光の後に出石に訪れて下さいね。

落ち着いたたずまいのレトロチックな出石の街並みが、訪れる人をあたたかく迎えてくれます。


スポンサーリンク

 - レジャー・観光