みたまの湯は泉質も景色も良かったです!山梨観光におすすめ

レジャー・観光





関西から一般道で、ひたすら関東に帰ってきたついでに、山梨にあるみたまの湯(みはらしの丘大展望露天風呂)に寄りました。

昔購入した日帰り温泉の本を前に、関西の親戚の家で翌日どこに寄ろうか考えていました。

高速で帰らないで、色々立ち寄って帰る事が楽しいと判断し、目に留まったのがここの日帰り温泉です。

ちょうど、残り150キロ程度のところで、めったに来られない遠い所に位置してますので、しかも景色が素晴らしいという文言があり、是非見てみたいという気持ちになりました。

山梨県の温泉自体が始めてであるので、非常に楽しみにして訪れましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

 

みたまの湯(みはらしの丘大展望露天風呂)

所在地: 〒409-3611 山梨県西八代郡市川三郷町大塚2608

時間: 本日営業 · 10時00分~23時00分

泉質:アルカリ性の単純温泉

休み:年中無休とあります。
お正月でもやっているのがいいですね。

入館料:大人 770円、小学生 500円、小学生未満 無料
回数券11枚綴り 7,700円

 

見どころは景色!

私が行ったのは、丁度夕方だったと記憶しています。

時期としては三月下旬。

桜がいよいよ咲くころに訪れたと思います。

秩父の三峰から山梨にはまだ雪がかなり残っていて、寒かった記憶があります。

 

お風呂からブドウ畑が多くあったと思います。

恐らく秋にはぶどうがりが出来るのではないでしょうか。

山梨はワインも有名ですよね。

 

しかしなんと言っても未だに思い出に残っているのは景色です。

高台からブドウ畑を見下ろして、ちょうど夕焼けが綺麗な時期に温泉に入りました。

赤く輝いたブドウ畑。

スポンサーリンク

 

絵葉書や油絵のような色彩が、未だに記憶に残っています。

南アルプス・八ヶ岳連峰と説明書きにあるんですが、私が見たのは、恐らく富士山ではないかと思います。

確認したわけではないですが、とにかく残雪の残った雪が夕焼けに照らされ、幻想的な景色を出していました。

 

だいたい日帰り温泉だと一時間くらい入っている事が多いですが、夕焼けをみながら入って気が付くと、あたりが真っ暗になるまで入っていた記憶があります。

 

これは推測ですが、朝は朝でまた美しい朝日を見ながら入る温泉も格別なんでしょう。

残念ながら、営業時間にはないのが残念ですね。

お正月とか、もしかすると特別にやっているかもしれませんね。

 

夜になり星を見ながら入る温泉もよかったです。

でも鮮明に覚えているのが、あの夕日から差し込んだ光に照らされた、山の美しさは格別だったという事です。

もちろん、温泉についてもちょうどいい温度で、保たれていたと思います。

 

シャンプーも石鹸もあったので、タオルがあればあとは手ぶらでも大丈夫。

お風呂からあがると、肌がつるつるしていたと思います。

 

三月だったので周りがまだ寒かったのですが、出たり入ったりして結構な時間入浴していたと思います。

山の中だったせいか、夜風と風呂上りの火照ったからだが、妙に心地よさがありました。

おみやげなど

気が付かなかったのですが、ここには農産物特売所もあるようです。

自分は結構遅い時間に帰ったので、もしかすると閉店してしまった後だったから、気が付かなかったのかもしれません。

昼間に訪れれば、温泉と農産物を購入して帰るのもいいかもしれませんね。

ブドウの他にも苺なども売っているようです。

たまたま自分は春先に行きましたが、やはりここは秋がいいのかもしれません。

紅葉とブドウ狩りを堪能するのにはもってこいかもしれませんよ。

 

関西に行ったのも一つの想いでですが、もうかなり時間が経過しているにも関わらず、景色を鮮明に覚えているのは、かなりインパクトがあった証拠だったからだと思います。

温泉もよかったのですが、やはり景色を堪能できる露天風呂というのは、お風呂好きの私からするとかなり魅力の場所だと思います。

みなさんも一度行かれてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

コメント