家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

砂の美術館のアクセス方法と楽しみ方ー砂で世界旅行気分!

      2018/07/03





砂の美術館は、行ったことあるよ!という方にも何度も足を運んでほしい場所です。

なぜなら、展示物は期間・テーマを定められており、いつも同じ展示がされているわけではないからです。

2018年4月14日(土)~2019年1月6日(日)は、第11期「砂で世界旅行・北欧編」 〜美しい大自然と幻想的な物語の世界へ、となっております。

詳しくはホームページをご参照下さい。

そちらに鳥取砂丘コナン空港からのアクセスも載っております。

鳥取砂丘も見える範囲にあり、有料ですがラクダにも乗れます。ラクダに乗らないと写真はNGとか。。。現在ははたしてどうなのか。

鳥取砂丘では眺めるだけでも十分な壮大な景色なのですが、それだけでは物足りない!という場合には様々な体験が可能となっています。

スポンサーリンク

 

◆砂の美術館の基本情報

名称 :砂の美術館

所在地:〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17

電話 :0857-20-2231

FAX  :0857-20-2232

 

営業日時

<平日・日曜日> 午前9時~午後6時(最終入場は午後5時30分)

<土曜日>    午前9時~午後8時(最終入場は午後7時30分)

2018年は4月14日(土)~2019年1月6日(日)の間、営業しています。

営業期間中は、年末年始含め無休です。

毎年1月上旬から4月下旬まで、砂像制作や館内整備のため休館になります。

 

入場料

個人       一般 600円  小中高 300円

団体(20名以上) 一般 500円  小中高 200円
※表示はすべて税込の金額

小学生未満は無料です。

障害者手帳等をお持ちの方は、提示することで無料になります。

その他の減免制度については、「砂の美術館」の公式サイトをご覧ください。
http://www.sand-museum.jp/

 

◆アクセス

●自動車
鳥取自動車道にある鳥取ICから砂の美術館まで約20分。

●路線バス

メインゲートより入場

・「砂丘線」を利用する場合、鳥取駅バスターミナルから「砂の美術館前」のバス停まで約20分。
「砂の美術館前」のバス停から美術館まで徒歩約1分です。

・「岩美・岩井線」を利用する場合、鳥取駅バスターミナルから「砂丘東口」のバス停まで約20分。
「砂丘東口」のバス停から美術館まで徒歩約3分です。

「岩美・岩井線」は「砂の美術館前」のバス停にはとまりません。

 

サブゲートより入場
・「砂丘線」を利用する場合、鳥取駅バスターミナルから「砂丘センター展望台」のバス停まで約20分。
「砂丘センター展望台」のバス停から美術館まで徒歩約1分です。

 

バスの料金及び時刻表は、「日本交通」または「日ノ丸自動車」のサイトをご覧ください。

 

◆駐車場

駐車場はメインゲートとサブゲートそれぞれに隣接した場所にあり、どちらも無料です。

 

メインゲート側
・一般車両  30台
・大型バス用  4台

 

サブゲート側
・一般車両用 180台
・大型バス用  4台

※特別な夜間イベント等の期間を除き、17時以降はサブゲートから入退場できないので注意。

◆砂の美術館の見どころ

砂像の魅力は、混在する力強さと儚さ。

砂と水という自然の材料で作られた巨大な像は、自然の雄大さを感じさせます。

また砂という崩れやすい素材を使うことで、石像などとは違った儚さを持っています。

 

そんな芸術的な砂像を作るのは世界中の砂像彫刻家たちです。

その出来栄えは砂とは思えないほどの精巧さ。

一体どうやって作ったのか。

そう疑問に思う造形の砂像がたくさん見られます。

 

また砂の美術館のコンセプトは「砂で世界旅行」。

毎年、世界のさまざまな国や地域をテーマにして砂像が作られます。

例えばイギリスがテーマの時は、アーサー王やエリザベス1世などの歴史上の人物。

バッキンガム宮殿やロンドン塔といった歴史的建造物。

さらに衛兵パレードなど現代のイギリスで見られる情景も展示されています。

 

2018年のテーマは北欧。

砂像で描かれる北欧神話や幻想的な大自然をぜひ楽しんでください。

スポンサーリンク

 

◆どんな体験ができるか

砂像という儚さを持った彫刻芸術。

それに触れることで、芸術に対する考え方の幅が広がります。

砂というありふれた素材でも立派な芸術作品になること。

花は枯れるからこそ美しいように、もろい砂像が”美”を秘めていること。

そんな芸術の奥深さを体感できる美術館です。

また砂像の楽しさを伝えるため、子供を対象とした砂像体験教室もあります。

 

◆おすすめランチ

ランチは砂の美術館の周辺にある飲食店を利用すると良いでしょう。

おすすめは定食屋「鯛喜」の海鮮丼で、お値段1,200円。

1日限定50食で、12時頃には売り切れてしまうことも。

「鯛喜」は10席しかなく、お昼時はすぐに満員になってしまいます。

訪れる際は必ず予約してください。

営業時間:10:00~14:00 木曜日定休

電話番号:0857-26-3157

駐車場 :なし

 

◆オムツ替えや授乳する場所の有無

授乳スペースは館内1階にあります。

ベビーベッドは女性用と身障者優先のお手洗いに設置されています。

またベビーカーの貸し出しも行われています。


スポンサーリンク

 - レジャー・観光