家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

乳酸菌にはどんな効果があるの?種類もいろいろ多いですね~

      2016/05/21








乳酸菌と聞くと、ヨーグルトやヤクルトなどを思い浮かべる方は多いですよね。

なんとなく体に良さそうだけど、なんか種類がいっぱいあって、どれがいいのか何に効くのか、分からないということはありませんか?

乳酸菌って一体何?どんな効果があるの?種類は…?を調べてみました。

スポンサーリンク

乳酸菌とその効果

私たちの腸内には、100兆個もの腸内細菌が存在しています。
種類にして300種以上、重さはなんと1キロにもなるそうです。

腸内の善玉菌、悪玉菌ってよく聞きますよね。

「善玉菌」は、カラダに良い菌で「悪玉菌」は、悪い影響を与えるというのは皆さんご存じの通りです。その他「日和見菌」というどっちにもなる菌もいます。

これらは、最近よく「腸内フローラ」ともよばれています。

breakfast-655894_640 (213x320)

腸の中では、「善玉菌」が優勢になったり、「悪玉菌」が増えたりといつも陣取りゲームのような戦いを繰り広げています。「日和見菌」は優位に立ったほうの菌に加勢する菌です。

もちろん健康のためには、「善玉菌」が優勢な状態を維持しなければなりません。

なぜなら「善玉菌」は、病気に対する抵抗力や免疫を高めたり、コレステロール値を改善したり、お肌のトラブルを解消したり、老化防止などに貢献しているからです。

「善玉菌」に活躍してもらうには、乳酸菌摂取がかかせません。

それは、乳酸菌は、「善玉菌」の代表格だからです。

「善玉菌」が減らないために、毎日乳酸菌を少しずつ確実に取ることが、重要です。

一度にたくさん摂取してもあまりよくありません。

体外からちょっとずつ取り込まれた乳酸菌は、善玉菌の増殖をたすけ、ウイルスに強い体を作ってくれます。がん予防などにも期待がかかっています。

乳酸菌の効果

  • 腸内環境を良くする
  • 悪玉菌の増殖を抑える
  • 免疫システムを活性化させ感染症を予防
  • 便秘予防に効果的
  • 発ガン物質を分解する効果も期待される
  • アレルギー疾患を抑える働き
  • カルシウムの吸収を促す

乳酸菌の種類

乳酸菌は、分かっているものだけでも350種類もあり、それぞれ属・種・株と持つ性質によって分類されています。

ヨーグルトなどを見ても、いろんな菌がかいてあって分かりにくいですよね。

その効果も種類によって、1つ1つ異なっています。
全部覚えるのは、まあ無理ということでしょうか。

ここでは、人の健康に役立つ主な乳酸菌をご紹介します。

ラクトバチルス・デルブレッキ・サブスプ・ブルガリカス

日本で売っているプレーンヨーグルトに多く含まれています。

整腸作用にすぐれており、腸内のバリア機能を高めたり、腸内フローラのバランスを整えることに関わっていることがわかってきました。

ラクトバチルス・ガセリ

代表的なヒト腸内乳酸菌。

ピロリ菌を減少させ、その活動を抑制する働きがあるとされています。

胃粘膜に付着し、効率的に胃の中で働いて、胃潰瘍や胃炎の発症を抑えたり、症状を改善させたりすると研究がすすめられています。

ビフィドバクテリウム・ロングム

酸に強く、胃酸で死滅することがないので、生きて大腸まで届きます。

大腸の善玉菌を増加させ、悪玉菌を減らして腸内環境を改善してくれます。

また続けて摂取することにより、花粉症の症状を和らげることが分かってきました。

ラクトコッカス・ラクティス・サブスピーシーズ・クレモリス

「カスピ海ヨーグルト」の独特の粘りのもとです。

大腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌。

整腸作用、免疫調整作用、美肌効果、アレルギー緩和などさまざまな効果が期待されています。

ビフィドバクテリウム

生きて腸まで届き、腸内環境を整えます。

食物が腸管を通過する時間を短縮する作用を持っています。

便秘の解消に役立つと考えられています。

まとめ

乳酸菌には、カラダにいい効果がたくさんあることが分かりました。

ただ最後の乳酸菌の名前は、ややこしくて難しい~というのが本音ですね。

乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料だけに含まれるものではありません。

どのような発酵食品に含まれているのか、さらにリサーチしていきたいと思いました。



スポンサーリンク

 - 健康, 食生活