家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

乳酸菌を多く含む食品はコレ!あなたにあったものはどれ?

      2016/05/21







乳酸菌がカラダに良い働きをするのは分かっていますが、では乳酸菌を増やすにはどんな食品を食べたらいいのでしょうか?

ひとくちに乳酸菌といっても、いろんな食べ物に含まれています。

一般に発酵食品といわれるものがそうですね。

今日は手軽に取れる乳酸菌食品をご紹介します。

スポンサーリンク

乳酸菌が多いのはこの食品

ヨーグルト

yogurt-670343_640 (320x226)

たいていの方が思いつくのが、ヨーグルトでしょう。

確かに、ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。それも種類が豊富で代表的なものは、ビフィズス菌、ガセリ菌、アシドフィルス菌、サ-モフィルス菌などです。

特にビフィズス菌やガセリ菌は腸内環境を整えるのにいい働きをするようです。

ヨーグルトを食べる時は、プレーンヨーグルトにオリゴ糖を加えて摂取するのが、おすすめです。

オリゴ糖は、乳酸菌のエサになり増やす手助けをしてくれるからです。

チーズ

cheese-1278812_640 (320x245)

チーズもまた乳酸菌を含む食品です。

チーズといえば、高たんぱくでカルシウムが豊富ということが、知られていますね。

ですが、チーズの乳酸菌もあなどれません。ヨーグルトより活発に乳酸菌が働いて、熟成を進めうまみを増していく段階で、グルタモン酸という成分が増えていきます。

このグルタモン酸を生み出す乳酸菌、便秘や肌荒れの改善に役立つそうです。

キムチ

kimchi-517357_640 (320x240)

皆さんはキムチに乳酸菌が非常に多く含まれていることをご存知でしょうか?

キムチには、1グラムあたり8億個もの乳酸菌がいるそうです。

特筆すべきなのは、キムチの乳酸菌は強力な酸性の胃液に負けず、生きたまま腸に届くという性質です。

キムチが日本の漬物と違うところは、唐辛子を多量に用いるので塩分が少なくてすむという点です。

塩分が多いと乳酸菌の増殖が抑えられてしまうので、日本のぬかづけなどにも乳酸菌は含まれていますが、キムチには一歩及ばないといったところでしょう。

乳製品が苦手な方は、ぜひキムチで乳酸菌摂取を!

味噌

 

味噌もまた、りっぱな植物性乳酸菌です。

ある報告によると、スプーン1杯の白味噌にはヨーグルト100グラムと同じくらいの乳酸菌が含まれているそうですよ。

しかしながら、味噌の乳酸菌は味噌汁にして熱を加えたら、死んでしまうのでは?と思う方もおられるでしょう。

確かに加熱によって、乳酸菌は死滅するようですが、それは別にかまわないようです。
なぜなら、摂取した乳酸菌が腸の中で増えるというのではなく、もともとその人の腸内にいる菌の増殖を助けるからです。

分かりやすくいえば、乳酸菌の死骸!?はもともと腸内にいる「善玉菌」のエサになるのです。

ですから、毎日みそ汁を飲む習慣は、健康によいとされるわけですね。

乳酸菌の味方

納豆菌…

納豆には納豆菌というすぐれた菌がいます。

この納豆菌というのがまた乳酸菌ととても相性がよく、同時に摂取すると腸内環境を、抜群によくしてくれるようです。

納豆菌は、腸内の善玉菌の活動を旺盛にしてくれるだけでなく、乳酸菌の何倍もの速さで腐敗菌(悪玉菌)を殺してくれるのです。

ですから、食事に納豆を食べ、食後に乳酸菌飲料を飲むというのは、腸内環境を整えるのには最強といえます。

納豆が苦手な方は、最近納豆菌のサプリなどもあります。

オリゴ糖…

オリゴ糖は、胃や小腸などの消化液に強く、大腸まで届いて善玉菌のエサになります。

ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べるのは、定番ですね。

オリゴ糖そのものだけでなく、食品の中にもオリゴ糖を多く含むものがあります。

玉ねぎ・サトウキビ・キャベツ・ごぼう・アスパラガス・じゃがいも・ニンニク・とうもろこし・大豆などです。

こうした食品を日頃から積極的に取るようにすると、乳酸菌はパワーアップしますよ。

水溶性食物繊維…

野菜では、切り干し大根やにんじん・オクラ・さつまいも・菜の花・春菊など

穀類では、大麦・ライ麦パン・オートミールなど

豆類では、納豆・大豆・インゲン豆など

これら水溶性食物繊維も、大腸で分解され善玉菌のエサになる他、便をやわらかくして便秘の解消にやくだちます。



スポンサーリンク

 - 健康, 食生活