家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

潮干狩りの必須アイテム!持ち物と服装はコレ✌

      2016/05/02




潮干狩りは、3月中旬から5月末くらいまでがベストシーズン。

ゴールデンウィークや春休みもあるので、子どもさんにも体験させてあげたいレジャーですね。

最高に楽しい潮干狩りにするために、必要不可欠な持ち物や服装についてまとめてみます。

始めて行かれる方も参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

絶対必要な持ち物

  • くまで

これがないと話しになりません。(貝が掘れないですから…)

高価なものでなくてもいいです。100均のものでも大丈夫。1人1つは必要でしょう。

  • バケツ・ザル

バケツは採った貝を入れておくのに必要です。

ザルもあると海中で砂を落とし、貝だけにするのに便利です。網目は細かすぎず、粗すぎないものを。

  • クーラーボックス

行きは飲み物やお弁当、凍らせた保冷剤などを入れて行き、帰りは採った貝を入れます。

また休憩の時のイス代わりに使用できます。

貝を持って帰るのにフタ付きバケツでもいいですが、電車の場合はクーラーボックスとキャリアを用意していった方がいいでしょう。

  • タオル

春から夏の日差しはけっこう紫外線もきついもの。

首に巻いて日よけにしたり、汗をかいた時にぬぐったり、ちょっと手をふくのに重宝します。

  • 軍手

素手で貝を採取しないようにしてくださいね。貝でケガをすることがあります。

必ず手袋をつけて作業しましょう。爪に砂が入るのを防ぐのにゴム手袋もあると便利です。

  • 2ℓのペットボトル

中身を入れて行き、現地で飲むのに利用し、帰りは海水を入れて帰りましょう。

採って帰った貝を砂抜きするのに使えるからです。

水を入れていったペットボトルなら、手や足を洗うのにも使えます。

  • 絆創膏&消毒液

手や足を貝で切ったり、ケガをすることがあるので用意しておくと安心です。

  • お弁当類

潮干狩りにいくと、数時間は作業するので、あっという間にお昼に…。

現地に売店などもあると思いますが、混んでいたりすると大変です。

飲料やおにぎりなどを持っていくのがオススメです。

子ども連れの場合は、売店と作業場を行ったり来たりするのも一苦労ですので。

  • 日焼け止め

3~5月といえども、日差しや紫外線はあなどれません。

海面からの照り返しもありますので、日焼け対策を行いましょう。子どもや男性も同じです。

  • レジャーシート

荷物を置いて休憩するのに、また場所確保に使います。

でも、貴重品や大事なものを置きっぱなしで、貝採りに夢中にならないでくださいね。
hashirimizu-beach-1308032_640 (320x240) (3)
 

おすすめの服装

ゴールデンウィークなどは、真夏並みに暑くなる場合もありますが、暑くなっても半そでTシャツや短パンツなどで行くのは、おすすめできません。

砂浜は、日焼けしやすい所ですので、それなりの服装が必要です。

また3月、4月は逆に日によっては、海風で寒いということもあります。

その日の天候や気温の情報をみて準備しましょう。

 

  • 帽子

必ず帽子を持っていってかぶるようにしましょう。

できれば、ツバの大きな麦わら帽などがオススメ。

  • 長袖Tシャツなど

シャツは長袖でというのが基本です。

暑ければまくり上げてもいいと思いますが、日焼け止めをぬっておきましょう。

  • ズボン

長い丈のパンツ、それも柔らか素材のものがおすすめです。

どうしても立ったりしゃがんだりするので、動きもスムーズですし海水でぬれそうな所では、折り曲げてハーフパンツ風にすることもできます。

間違えてもスカートで出かけるのはやめましょう。

  • 長靴

ビーチサンダルよりは、長靴の方がいいという意見が…

ビーチサンダルでも悪くはないですが、意外に脱げて流されやすいようです。

ここではあえて長靴をオススメします。

  • バック

ウエストポーチやミニリュックなど貴重品を入れるのに、両手が使えるものが便利です。

 

※幼い子どもさん連れの場合は、上記のほかに水着を着せて、その上にシャツを着せるところんでぬれても安心です。同じ理由で、レインコートを着せるというのも3月、4月のちょっと肌寒いときにはおすすめです。

いずれにしても、必ずといっていいほど子どもはびしょぬれになることを想定して、着替えを多めに持っていきましょう。

子どもは砂浜で、長靴やビーチサンダルを履かせるより、靴下を2枚重ねではかせるのがいいそうですよ。重たくないしすぐ脱げることもありません。試してみるといいですね。

 

あったら便利グッズ

なくても潮干狩りをするのに支障はないですが、あったら便利なあれこれです。

  • 折りたたみイス

長時間しゃがんでいると、体勢が苦しくなるので釣り用などの簡易イスがあると便利です。

100均でも売っているようです。

  • ソリ

草ソリなどで使うソリですが、荷物が多い時や小さい子どもが歩けないときなど、乗せてひっぱって砂浜を移動できます。

  • ウインドブレーカー

服装とかぶりますが、時期や天候によっては海辺は、案外寒いということも…。

小雨がぱらついた時などにも重宝します。

 

まとめ

持ち物は、車で出かけることを想定して書いてみましたが、電車で行く場合は全部持っていくのは無理かと思いますので、優先順位の高いものをセレクトして持って行きましょう。

キャリーを活用するのもいいかも知れません。

服装は、お天気情報(現地の)を必ずチェックして最適なものを。

子どもの着替えは忘れずに…といったところです。

しっかり準備して楽しい潮干狩りをしてくださいね。


スポンサーリンク

 - レジャー・趣味