家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

免疫力を高める食品あれこれ! 積極的に食べて健康になろう

      2016/05/21








しょっちゅう風邪を引くという人、引いたらなかなか治らないという人、身近にいませんか?

それは免疫力が、下がっているからかもしれません。

免疫力が低下すると、ウイルスや様々な細菌によって感染症にかかりやすくなり、重症化するといったことも…。また肌が荒れたり、アレルギーが発症したり、疲れやすくなるなど様々な影響がでます。

スポンサーリンク

免疫力は、生活環境・遺伝などで個人差がありますが、疲労や栄養不足などによって下がると考えられます。

今回は、免疫力を高める食品を調べてみました。毎日の食生活に取り入れて、抵抗力をつけましょう。
thermometer-833085_640 (320x213)

〈免疫力を高める食品〉

✽✽ニンニク✽✽

アリシンという成分が強い殺菌力をもち、風邪やインフルエンザウイルスを殺菌します。毎日続けて少量ずつ食事に取り入れることがポイントです。1日1~2片をラップして、レンジでチンと蒸すとにおいも少なく、ホクホクに…。塩コショウなどで食べるとおいしいですよ。また炒め物に加えて、家族みんなで食べるのもGood!

 

✽✽長いも✽✽

ムチンという長いものぬめりに含まれる成分は、たんぱく質の分解を助けます。細胞の材料となる栄養素であるたんぱく質は、免疫力を高めるために毎日摂取する必要があります。ですから長いもとたんぱく質は二人三脚で免疫力を高めるといえます。

他にも長いもは、食べ物の消化吸収をよくし、新陳代謝を上げる、抗酸化成分を含む、などいいことずくめ…。食べる時は、すりおろさないのがコツだとか。長いもの千切りを海苔とあえて、ポン酢でいただくのもオススメです。

 

✽✽鶏むね肉✽✽

たんぱく質が豊富で、脂肪が少ない優等生の食材です。鶏むね肉には、イミダペプチドという抗疲労成分がふくまれています。疲労がたまると免疫力は低下するので、疲労回復にぜひ食べたいですね。おまけに抗酸化成分、カルノシンやアンセリン(アミノ酸の一種)を含みます。

たんぱく質の代謝をよくするビタミンB2と共に食べると効果的。1日に焼く100g程度食べるとよいでしょう。

 

✽✽しょうが✽✽

ジンゲロールという成分(しょうがが辛いのはこの成分)は、ウイルスを殺菌したり、免疫を上げたりする働きがあるそうです。加熱するとショウガオールという成分に変化し、血行促進や体温を上げる働きがあります。

生でも加熱してもOKのしょうがは免疫力を高めるのにうってつけの食品です。冷え性の方は、加熱して食べるといいですね。1日10gくらいが摂取の目安。

 

✽✽大根✽✽

免疫力を高めるには、体内の白血球などの細胞がいつも働けるように、酸化しないようにすることが大切です。大根の辛み成分イソシアシアネイトは抗酸化作用があり、とくに身と皮の間に多く含みます。しかし、これらの成分は熱に弱いので、大根おろしで食べるなどするのがオススメです。

 

✽✽ヨーグルト✽✽

ヨーグルトの乳酸菌は健康によいものの代名詞になっていますが、免疫力を高めるには腸内環境を整えることがかかせません。ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるので、消化吸収が良くなり基礎体力がアップして免疫力を高めてくれます。

ヨーグルトも毎日100g程度を継続して摂取するのがよいでしょう。便秘解消にも役立つので一石二鳥ですね。一説によると、ヨーグルトは朝より夜に食べるのがいいそうです。

 

✽✽納豆✽✽

こちらも腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えます。腸は免疫のかなめといわれていますから、腸内をキレイにし老廃物をそうじしてくれる納豆は、免疫アップ食品です。

そして栄養も豊富。たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンE、カルシウム、イソフラボンなどなど…。人によって好き嫌いの分かれる納豆ですが、効果を考えるとぜひ毎日の食事に加えてほしい食品です。目安は1日1パック程度。

 

✽✽緑茶✽✽

緑茶に含まれるカテキンは、ウイルスを撃退してくれます。また、抗酸化力によって免疫力を高めます。ほっと一息お茶を飲んで、リラックスするとストレスが軽減し、免疫力が下がるのを防ぎます。体温を上げると免疫力も上がりますから、季節を問わず温かい緑茶を飲むのもいいものです。

 

まとめ

病気はまず予防することが第一。そのため免疫力強化はかかせません。

身近でおなじみの食品にも効果のあるものがたくさんあることが分かりました。

今は手軽で便利なお惣菜や加工食品も多いですが、ちょっと心がけるだけでお子様の風邪予防に、年配者の健康増進に、上記の食品をとりいれてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク

 - 健康