家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

冬到来!寒さ対策は万全ですか?こんなグッズや方法で暖かくしよう

   





朝晩冷え込んで来ていますね、朝目が覚めてもなかなか布団から出たくないですよね。

この寒さ、これからが本番です。

朝晩の寒暖差で風邪など引かないように、しっかり防御したいものですね。

皆さんはどんな寒さ対策をしているでしょうか。

いろんな場合によっての対策を見ていきましょう。

スポンサーリンク

1、部屋の寒さ対策

高齢者や小さな子どもを持つ専業主婦などは、1日中家で過ごすことが多いので、居間の寒さを防ぐのは、重要です。

部屋には、窓から寒い空気が入ってきます、それをどう防御するかで、決まります。

対策としては・・・

・窓に直接、プチプチ梱包のシートを張る。

・窓際に、耐熱シートを置く。

・すきまテープを張る。(すきま風をなくせます)

・カーテンを厚めのものか、防寒・断熱カーテンにする。
今は値段も手ごろなものもたくさんあるようです。
(カーテンを替えるだけで、ずいぶん効果がある場合があります)

・窓を二重窓にする。(業者に頼む、自分でキットを買って作る)

2、リビングの寒さ対策

リビングは空間が広いので、ずっとエアコンをつけるというのも経済的ではありません。

外から帰ってきた家族が、集うのもこの部屋なので、暖かいホッとできる場所にしたいものです。

対策としては・・・

・アルミ保温シートを床の上に敷いてから、じゅうたんを敷く。

・こたつをする。

・着る毛布を買う。(毛布をたたむをクッションになるものもあります)

・暖房より、ガスファンヒーターが温まりやすい。

living-room-1558191_640-320x199

3、寝室の寒さ対策

寝室が冷え冷えとして、寒くて寝られないとあっては、仕事や学校などの日常生活に影響します。
暖かくして、しっかり休める環境にしましょう。

対策としては・・・

・布団の下に、アルミ保温シートを敷く。

・寝る前に湯たんぽを布団の上に入れておく。
(経済的ですし、朝まで暖かくてかなりおススメです!)

・布団乾燥機で、布団を温めておく。

ここで、冬は廊下も冷たいものです。そこでジョイントマットを敷き詰めると、とても快適です。

100均で、スポンジのもの、毛のものあります。

4、お出かけの寒さ対策

その日の天候、風向き、気温などによって体感温度は変わります。

また、朝と日中の温度差などを考えて服装を調節しましょう。

対策としては・・・

・イヤーガード(耳あて)・帽子・手袋・ブーツ・マフラー・カイロを利用する。

・カバンの中には、ストールがあると寒いときに役に立ちます。

5、バイクや自転車での寒さ対策

バイクやは、風を切って走るため、体感温度は2~3度下がると思われます。
普段の服装より、防寒をしっかりしておきましょう。

・バイクはフェイスマスク、頭からかぶるウオームマスクをつけてからヘルメットをかぶります。

・ネックウォーマー・レッグウォーマーをつける。

・ハンドルカバーまたはグリップヒーターもあります。

自転車はやはり、帽子、手袋、レッグウォーマーがあるほうがいいです。

・自転車で子供さんを乗せるときに、前に乗せることが多いと思います、その際前からの風がきついので、風よけをつけると自分も少し寒さを軽減できます。

・両方ともに、風を通さないナイロン製の上下のジャンバー、ズボンをお勧めします。

まとめ

これから、本格的な寒さがやってきます。

出かけたときに、今日はこのスタイルで失敗したと思っても、帰れません。

しまったと思った矢先、子どもが風邪を引いてしまう・・・なんてことも。

そういうことがないように、玄関に、カバンに防寒用品を揃えたいものです。

室内に関しては、日中日差しが入る部屋は、たくさん光を入れるようにして、夕方は早めに雨戸を閉めるようにするなど、少しずつの工夫が大事だと思います。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報, 健康