家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

赤ちゃんのいる家庭におすすめの暖房器具~身体にやさしくて安全なのは?

   





これからの季節、本格的な暖房対策を考えなければいけないシーズンになってきました。

赤ちゃんにとっての最適な室内環境は、温度が20~23℃、湿度は40~60%と言われています。

私たち大人より、乾燥に弱くデリケートな赤ちゃんですから、乾燥し過ぎないもの、空気の悪くないもの、そして火傷などの怪我が起きない安心、安全なものを選びたいですよね!

さて、赤ちゃんのいるご家庭では、どんな暖房器具が人気なのでしょうか?

スポンサーリンク

王道はやはりエアコン?

多くの先輩ママさんが選ぶ、暖房器具は、やはり【エアコン】です。

倒れて火傷や火災が起きる危険もなく、こまめな温度調整も出来て一酸化炭素中毒の危険もない。

一番理想的ですよね。けれど、電気代コストが心配…。

子育てでお金のかかるママさんたちにとっては、理想的な暖房器具とはいえ、継続して使うと電気代コストがかかるというのは、とても大きな問題ですよね。

それと、1日中エアコンを使用していると、空気がとても乾燥してしまいますし・・・。

古めのエアコンを使っていたら、最新のエコ運転の機種に変更したり、加湿器を併用したりで、

そのあたりを工夫をこらしてクリアできれば、やっぱり一番人気はエアコンでしょうか?

005073-320x240

赤ちゃんに安全な暖房器具を

では【ハロゲンヒーター】はどうでしょう?何にでも興味の示す赤ちゃん。

ハイハイ時期の赤ちゃんや、つかまり立ちを覚えた赤ちゃんが触ってしまったりしたら、やはり火傷をしてしまう危険性があります。

また、お部屋全体を暖めてくれるものではないので、広いお部屋だと難しいかもしれませんが、これは、一酸化炭素中毒になることはありませんし、点けたらすぐに暖かくなるという点は、とっても魅力的ですよね。

次に【石油ファンヒーター】。これもハロゲンヒーター同様、赤ちゃんが触ってしまって火傷をする恐れや、何と言っても空気の汚れが心配です。

そして、お部屋が温まり過ぎちゃう場合があります。

加湿器と併用して、空気中の水分を十分に増やしてあげることも考えてあげないと、乳児湿疹や肌荒れを招きやすくなるので、暖房器具の中でも、特に危険性を持つものかもしれません。

こうして色んな暖房器具がありますが、継続して使っていても電気代コストを抑えられて、乾燥しすぎないもの。これが一番求める所ですよね!

先輩ママさんたちに人気なのは何なのか?

私のママ友さん達の中で、エアコンの次に使ってる率が高かったのが【遠赤外線ヒーター】です★

これは体の表面だけを温めるのではなく、お日様のように中からポカポカさせてくれるタイプで、触れても熱くなりにくいものが多く、火傷の心配もあまりいりません。

そして、大切な電気代コストも安く、空気を温めるタイプと違って、換気の必要がなく乾燥もあまりしないのが魅力的です。

変わりどころで行くと、除湿機で熱風を出してお部屋を暖めて、脱水し過ぎないお洗濯を部屋干しして、加湿をするというママさんがいました!

除湿と加湿で、何とも不思議な感じですが…(笑)

確かに、除湿機は触っても火傷するほど熱くならないし、お部屋を温風で暖めて、加湿しながらお洗濯まで乾いちゃうというのは…ひとつの方法としていいかもしれませんね★

まとめ

赤ちゃんがいても安心な暖房器具。

こうして総合的に見ると、やはり【エアコン】の支持率が圧倒的に高いですが、

お部屋の広さや、赤ちゃんの月例に応じて、遠赤外線ヒーターやハロゲン、または除湿機や加湿器を併用してみたりと工夫しながら、赤ちゃんに優しく、ママのお財布にも優しい暖房器具で、寒い冬を乗り切れるといいですね!



スポンサーリンク

 - お役立ち情報, 育児のお話あれこれ