家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

冬の胃腸炎の原因はノロウイルス!こんな症状にご注意

   





毎年、この時期になると、インフルエンザに続き、よく耳にするのが、ノロウイルスの流行。

実は、胃腸炎の原因とも言われているのは、このノロウイルスなどのウイルス感染や、細菌による感染が大半を占めていることをご存知でしょうか?

今日は、この胃腸炎についてのお話です。

今年も流行中のノロウイルスに負けないためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

【胃腸炎とは】

消化管および小腸の炎症を特徴とする疾患であり、下痢、嘔吐、腹痛および腹部痙攣などの症状を呈する。食物によって生じるものは食中毒とも称される。山陰地方では、腸感冒とも呼ばれる。

世界的にみて小児の発症例のほとんどがロタウイルスによるものである。成人ではノロウイルス、およびカンピロバクターに起因するものが最も多い。次いでその他の細菌 (またはその毒素)や寄生虫を原因とするものがよくみられる。調理が不適切な食品や汚染された水を摂取したり、感染者との密接な接触などによって感染する。

治療の基本は十分な水分補給である。軽度または中等度の症例では経口補水液の補給が効果的である。重症例になると静脈内輸液が必要となる場合がある。胃腸炎は小児や発展途上国の住人を中心に発生する。

このように、夏場は細菌性の胃腸炎、冬場はウイルス性の胃腸炎である可能性が高いようですね。

また、何と言っても、この下痢と嘔吐はとても体力を使います。

そのため、それらの症状が少しでもよくなるようにと、しっかりご飯を食べる方もいらっしゃいますが、弱っている胃腸に通常の食事はマイナス効果となってしまいます。

症状が治まるまでは、無理に食事はせず、とにかく水分補給を心がけ、落ち着いてきたらおかゆなど、胃に優しい食べ物から徐々に胃腸を慣らしていきましょう。

【胃腸炎の原因と症状】

ノロウイルスに感染する原因としては、生牡蠣が有名ですが、

  • ウイルスに感染した貝類を十分加熱せずに食べた。
  • ノロウイルスに感染した人が、よく手を洗わずに調理した物を食べた。
  • ウイルスに感染した人の、吐しゃ物や糞便に(処理する場合も含め)触れて経口感染した。

などがあります。

症状は主に発熱、下痢、嘔吐の3つが多いです。

ですが、ノロウイルスは特に嘔吐・下痢の症状が重く出るとされています。

また、激しい下痢や嘔吐が続く場合は、脱水症状や電解質喪失症状などを合併しますので、早めに病院に行くなどの対処が必要です。

【潜伏期間】

急性胃腸炎の潜伏期間は、それが細菌によるものなのか、ウイルスによるものなのか、また種類でも異なります。

例えば、ノロウイルスの潜伏期間は1~2日、ロタウイルスでは1~3日となっています。

さらに細菌による急性胃腸炎になると、腸炎ビブリオで6~12時間、サルモネラは1~3日、カンピロバクターは2~11日となっています。

潜伏期間があると、症状が現れていない時に人と接触をしてしまい、場合によっては相手も感染させてしまう事がありますので、流行中は注意が必要ですね。

家でできる対処法

胃腸炎になった時は、とにかく水分をこまめに摂ることが大切です。

嘔吐や下痢がある状態では、なかなか水分を摂るのも難しいと思いますが、どうしても水分が摂れない時は、病院へ行って点滴をしてもらうなど、早めの対処を心がけましょう。

また、嘔吐や下痢を止めるための市販薬は飲まないようにする方がいいとされています。

なぜなら、急性胃腸炎の場合、嘔吐や下痢によってウイルスや細菌を体外へ排出しています。

それを、薬で止めてしまうと、いつまでもウイルスや細菌が体内にとどまり、回復するのが遅くなってしまうからだそうです。

嘔吐や下痢をすぐに止めたい気持ちは、誰もが感じると思いますが、自己判断で市販薬を飲まず、病院へ行って医師の診断の元、適切な処方をしてもらいましょう。

この季節、胃腸炎にならないためにも、外出する時はマスクを着用するなど、未然に予防して、ノロウイルスなどから体を守ってくださいね!


スポンサーリンク

 - 健康