家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

手洗い・うがいは正しいやり方で効果が変わる?ポイントはココ!

   





どこの世界にも「病気にかかりたい」と願う人は中々いないと思いますが、「病気にかかりたくない」と願う人は大勢いることでしょう。

そんな病気の基は“ウィルス”です。

普通の風邪のウィルスは接触感染、インフルエンザウィルスなどは飛沫感染が多いと言われています。

ドアノブや手すり、電車のつり革など、公共の物は誰が触っているか分かりません。

ウィルスの侵入を防ぐためにもうがい・手洗いを徹底していきましょう。

スポンサーリンク

正しい手洗いのやり方

まずはうがいの前に手をよく洗いましょう。

なぜなら手を洗わずに手のひらに水を溜めてうがいをしたり、コップを触ったりすると手にびっしりと付いた菌が水から口の中へ入り込んでしまうからです。

ここで手の洗い方も適当ではあまり意味がありません。きちんと腕時計やアクセサリーなどを外し、石鹸を両手でよく泡立て、手の甲や指の間をもみ洗いします。

(特に親指はもう片方の手のひらで包み込み、軽く回転させて念入りに洗いましょう。)

ここまでは一般的によく行われる手洗いですが、ここで忘れがちなのが「手首」と「爪の間」です。

特に爪の間にはウィルスやバイ菌が入り込みやすく、洗いづらい場所とされています。

指先でもう片方の手のひらを引っ掻くように動かして爪の中も意識しながら洗いましょう。

また手首は、もう片方の手のひらで軽く握り、クルクルと回転させて洗うとよいでしょう。

最後に泡を完全に流水で洗い流し、清潔なハンカチやタオル、ペーパータオルなどで水分をよく拭き取り、手を十分に乾かしましょう。

【手洗いのタイミング】

  • 外出から帰ってきた時
  • トイレを使用した後
  • ごみや汚物に触れた時
  • 食事の調理を始める前
  • その他、手が汚れたと思われるときはいつでも

うがいのやり方

次にうがいの正しいやり方ですが、一般的に「うがい」というと口の中に水やうがい薬をふくみ「ガラガラ~」と音を立てて「ペッ」と出すやり方を想像する方が多いと思います。

が、ここが要注意ポイントです。

口の中にはいろんな細菌やウィルス、病原体などが入りやすいもの。

そのままガラガラ~っと喉のほうに流してしまってはウィルスの思うツボなのです。

うがいのまず始めは何回か「グチュグチュペッ」というように口の中をゆすぎましょう。

口の中がスッキリとしてから水やうがい薬を口にふくみ、上を向いて「ガラガラ~」とします。

ここで「オ~」と発声すると振動で喉の奥までしっかりと洗浄できます。

そして、口にふくんだ液体から冷たさを感じなくなったら吐き出します。

最低でも3回はこの「ガラガラ~ペッ」をして下さいね。

まとめ

うがい・手洗いは簡単な方法でさまざまな病気の予防となります。

風邪もインフルエンザもその他の感染症も、うがいと手洗いが最も有効な予防方法だと言われています。ノロウイルスなどの胃腸炎もそうですね。

石けんやハンドウォッシュもそんなに高価なものでもありません。




普段からうがい・手洗いを習慣にし、病気を遠ざけていきましょう。

スポンサーリンク

 - お役立ち情報, 健康