家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

赤ちゃんが便秘?実は原因があるんです!こうして改善してあげましょう

   




赤ちゃんが便秘?と聞くと、驚くママさんも多いかと思いますが、意外と多いことをご存知でしょうか?

新生児の赤ちゃんは、寝ていることも多く、どうしても運動不足になります。

そのため、便秘になりやすく、おならは出るのにうんちが出ないことも少なくありません。

そんな時は、綿棒浣腸をして、張ったお腹の中にある、ガスを出してあげると、そのガスと一緒にうんちが勢いよく出て、赤ちゃんはスッキリ顔♪ママはビックリ顔!なんて経験のあるママさんもたくさんいらっしゃるかと思います。

今回は、そんな新生児期の便秘ではなく、ある程度の月齢の赤ちゃん、離乳食初期の5か月〜の赤ちゃんから離乳食後期の9か月〜に起こる、便秘の原因と対策をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【便秘の原因って一体なに?】

⑴水分不足

離乳食が始まると、赤ちゃんの腸内に大きな変化が起こります。

水っぽかった赤ちゃんのうんちも次第に固まってきますよね。

それと同時に、腸内に溜まりやすくなってきます。

そして、離乳食が進むにつれて母乳やミルクといった水分摂取量が減ることが、便秘の原因の1つになります。

⑵食物繊維の不足

離乳食が始まったとはいえ、食べムラなどから、上手に食べさせてあげられないこともありますよね。

そんな時、便秘の一因となるのが食物繊維の不足です。

バランスよくたくさんの食材を上げられるよう心がけてくださいね。

⑶食事量の不足・離乳食の遅れ

離乳食を進めることが怖いというママさんも少なくありません。

そのため、あまり量を食べさせてあげられず、便の材料が足りないことから便秘になりやすくなってしまいます。

【便秘の改善方法は?】

⑴お腹のマッサージ

今日はまだうんちが出てないな?という時は、「のの字マッサージ」です。

おへそを中心に時計回りに優しくお腹をマッサージして、腸の動きを活発にしてあげましょう。

⑵水分補給

1日に何回もうんちをするよ!という赤ちゃんは、いつでも赤ちゃん用の麦茶がそばにあるな〜。と感じたことがあります。

やはり、離乳食が始まると、母乳やミルクだけでは水分は足りません。

湯冷ましや麦茶を飲ませたり、メニューにスープ類を入れるなど、上手に水分補給をして上げられると便秘改善につながります。

⑶運動

ハイハイやつかまり立ちが出来るようになった赤ちゃんは、大人が思っている以上に元気いっぱい、寝ている以外は、本当によく動き回っていますよね。

こうして元気にハイハイをして運動させてあげたり、体を使った遊びをしてあげることも便秘改善には大切です。

【便秘解消に役立つ食材】

りんご
バナナ

キャベツやホウレンソウなど葉物野菜
かぼちゃ
プレーンヨーグルト
きなこ
オートミール

 

赤ちゃんの便秘解消に役立つ食材は数多くあります。

これらは離乳食初期から使える食材が多いので、調理法や形状を赤ちゃんの離乳食の進み具合に合わせて上手に与えてみてくださいね。

赤ちゃんの便秘の原因と改善方法、いかがでしたでしょうか?

便秘でも、赤ちゃんが元気ならいいのですが、

・おなかが張って、苦しそうにしている
・うなりながらいきむ
・吐く
・おっぱいをあまり飲まなくなった
・苦しそうで、ずっと不機嫌
・うんちの時、肛門が切れる

こんな症状がある場合は、少し心配ですので、病院へ受診してみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 健康, 育児のお話あれこれ