家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

玉ねぎの栄養をまるごと!中高年必見の効果あり?

   





玉ねぎ・玉ねぎ・玉ねぎ・・・好き嫌いが分かれる野菜といえそうですが、体にはとってもいい味方になってくれる成分が含まれているんですって。

玉ねぎを切ると手についた臭いが中々落ちなかったり、味が苦手だという方もいるかもしれませんね。

しかし、栄養面でとても優れているということをご存知でしょうか?

今回はそんな玉ねぎの魅力をご紹介します。

玉ねぎにはこんな栄養が・・・

まずは抗酸化作用が強く、悪玉コレステロールを減らす効果のある“ケルセチン”

血流をよくしてくれ、血液をサラサラにしてくれます。
さらに血管を丈夫に、若々しくしてくれるすぐれもの・・・

そして、この抗酸化作用が身体の内側にできるサビを防いでくれることでアンチエイジングや、お肌の調子を整えてくれる効果が期待できるのです。

また、悪玉コレステロールを減らしてくれることで脂肪の吸収を抑えるという働きもあります。

美容面やダイエットの強い味方ですね。

また、玉ねぎを切っていると目が痛くなったり、ショボショボとすることはありませんか?

それは“硫化アリル”という成分が原因なのです。

硫化アリルも血栓を溶かして血液をサラサラにしてくれる働きがあり、ビタミンB1の吸収を促す作用があります。

血液がサラサラになることで、血圧が下がり、脳卒中・心筋梗塞・動脈硬化などの予防にも繋がります。

そして、ビタミンB1の吸収も促すので、豚肉などと一緒に摂取することで疲労回復や食欲増進、不眠やイライラなどの改善にも効果があります。

玉ねぎを食べたときに辛味を感じるのもこの成分の特徴なのだそうです。

さらには、血液中に浮遊する過剰な糖や脂質を減らしてくれるので、いいことづくめですね。

糖尿病予備軍の方や、中性脂肪値の高い方は必見です!

その他にも、整腸作用、免疫力アップに効果のあるオリゴ糖・各種ミネラル・イソアリイン、余分な塩分排出に役立つカリウムなどが含まれており、玉ねぎには栄養がたっぷり含まれているということがお分かりいただけると思います。

玉ねぎ簡単レシピ

そんな玉ねぎを使ったおすすめレシピをご紹介致します。

朝食にもピッタリな簡単新玉ねぎのコンソメスープです。

材料は新玉ねぎ1個、チキンコンソメ1個、水500㏄、黒コショウ少々、パセリのみじん切り少々です。

作り方はとっても簡単。

まず新玉ねぎの薄皮を1枚むき、根の部分は丁寧に包丁でくりぬきましょう。

次に、鍋に500㏄の水を入れ、コンソメ1個と新玉ねぎ1個を入れます。

落し蓋をして中火で30分煮ます。

玉ねぎが柔らかくなり、スープの味もちょうど良くなればOKです。

味が薄いようだったらもう少し煮ましょう。
スープ皿に入れ、お好みで黒コショウやパセリをちらして完成です。

とてもシンプルですが玉ねぎを煮ることで優しい甘味を感じることができ、栄養もバッチリ摂取することができます。

血液サラサラ効果は、玉ねぎを加熱して食べる方が、大きいそうですのでスープにして汁ごと飲んじゃいましょう。

朝目覚めたばかりの体やあまり食欲がないときなどにスッと染み渡るおすすめレシピです。


スポンサーリンク

 - 健康, 料理レシピ, 食生活