家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

意外と知らない?マスクの正しいつけ方ー風邪も花粉症も防ぎたい

   




風邪予防・花粉症などに効果的なマスクの正しい付け方って、皆さんご存知でしょうか?

風邪予防には「手洗い」「うがい」「マスク着用」が有効なのは、みんなが知るところですね。

特にマスクは、空気中に漂っているウイルスを、体内に侵入させないようにする強力な武器であるといえます。

しかし、このマスクも付け方を間違うと、全く効果がないんだそうです。

そこで、

マスクの付け方について、医師が勧める方法も交えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

こんなつけ方ではダメ?

最近では、風邪だけでなくインフルエンザやウイルス性胃腸炎なども、飛沫感染する脅威として知られるところとなっています。

これらのウイルス性疾患の予防に効果的な方法は、「手洗い」「うがい」「マスク着用」であること歯、言うまでもありません。

手洗いは、石鹸の泡の力でウイスルを洗い流す
うがいは、口から侵入してしまったウイルスを洗い流す
マスクは、ウイルスが口や鼻からの侵入を防ぐ

ここまで対策ができればかなりの感染が防げるはずですね。

手洗いやうがいは、子供の頃から学校などで指導が徹底されているので、間違ったやり方をする人は少ないはず。

しかし、マスク着用については間違っている人を見かけることが意外に多いものです。

例えば、

  • 息苦しいからといって鼻が出ている。
  • マスクはしているが隙間がある。
  • 交換をせずに使い続けている。

といった人いませんか。

市販のマスクでもこうすれば効果大!

市販のマスクでも、着用方法を間違えなければ、十分効果があります。

ある生活情報番組で、そのことを証明する実験をしていたので、紹介したいと思います。

その番組では、ウイルスの侵入を極限にまで抑える実験として、口と鼻をふさぐようにマスクをしてさらに、マスクの上下左右を、ガムテープで隙間なく目張りする・・・というものでした。

この実験からも、市販のマスクでも上下左右の隙間をなくすことで、ウイルスの侵入をかなり抑えることができることがわかります。

さらに、花粉症をテーマにした別の生活情報番組で、医師が勧めていたのは、マスク+ウエットティッシュ+マスク という三重にするというもの。

三重構造にすることで、

  • ウイルスの侵入を防ぐフィルタが増える。
  • ウエットティッシュで加湿ができる。
  • マスクのフィット感がマスク一枚のときより格段にアップする 。

という一石三鳥である。

まとめ

ウイルスの侵入を防ぐマスクの効果的な着用方法は、口と鼻をしっかりふさいで隙間を作らないことのようですね。

さらに、マスクとウエットティッシュで三重構造にすることでさらに効果がアップ!!。

言うまでもないですが、マスクは完璧でも手洗いやうがいがおろそかになってしまっては、風邪予防の効果は期待できないので、手洗い、うがい、マスク着用 の三点セットで風邪の季節を乗り切ってほしいと思います。

最後に余談ですが、手洗い、うがい、マスク着用以外にも医師が勧める方法として、こまめにお茶を飲むことも、風邪予防に非常に効果的だとか・・・。

これは殺菌作用があるお茶で、口や喉に潜むウイルスを胃に流し込み、胃酸で退治しようというもの。

頻繁にうがいができない環境で、診察をしている医師が病気にならないのだから、信憑性のある対策であるといえるでしょう。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報, 健康