家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

赤ちゃん無事に生まれてよかったね!出産後に体力を回復する3つの方法

      2017/03/01





出産後のママの体は、命がけで赤ちゃんを産んだ分、思っている以上にヘトヘトになっています。

しかし、産んだら終わり!ではなく、産んでからが育児の大本番!

産後のケアを上手に行って、これから始まる育児に備えて、体力をゆっくりと回復していきましょう。

◼︎産褥期(さんじょくき)とは

妊娠・出産で変化したママの体が、妊娠前の状態にゆっくりと時間をかけて回復する産褥期は、、産後6週間~8週間とされています。

約10か月もの間、変化し続けたママの体は、この産褥期に無理をすることで、様々なトラブルの原因になると言われています。

特に産後1ヵ月は「産後1ヵ月で床上げ」と言われるように、ママの体を回復される大切な期間ですから、しっかりと休養することが必要です。

◼︎産後の回復を良好にする3つの方法

1.ゆっくり休む!

産後は、子宮の回復(子宮復古)にも、体はエネルギーをたくさん使っています。

また、悪露もあったり、体調が優れないママさんも多いです。基本、体調が元通りになるまで休むことが基本です。

大事なことですが、産後の安静は出産後の疲労回復・睡眠不足の解消のためだけではないのです。

母体を元の状態に戻すため、心に安らぎを与えるために必要な時間なのです。

布団から出るのは、トイレか授乳や食事の時だけ!

その他は、産まれたばかりの赤ちゃんと休むことに徹底する事です!

家事など、色々したい気持ちはわかりますが、ここで無理をし過ぎると、年齢を重ねた時にしっぺ返しが来ると言われています…。

他にも、精神的に疲れが出始め、産後うつの引き金になり得る場合もありますので、体調が戻るまでは、家事をパートナーに手伝ってもらったりするなど、周りの人に頼れる環境にしておくようにしましょう。

2.バランスの良い食事を心がける!

ある産後ママさんは、産後の食事メニューを意図的に変えてみたら、6ケ月頃には10キロの減量に成功したそうです。

その時に大事にしたポイントが次の3つです。

汁物を最低でも1日1回食べる
水分をしっかりと摂取する
玄米を食べる

ここまで出来なくても、バランスの良い食事を心掛けることは、産後の体力の回復にも、母乳にも良い影響を与えてくれます。

野菜中心で、味はなるべく薄い、和食ベースな食事が、産後の体には優しいと思います。

3.開き直って甘える!

とにかく開き直る!です!笑。

「育児に専念して、家事はしない!」と決めてしまっても良い位、自分を甘やかすことが大切です。

もちろんご家族の理解を求める必要もありますし、お姑さんと一緒、なんて場合はなかなか難しいかもしれませんが…

「私の心と体のためにも育児を最優先する」ということを“納得”してもらう事です。

まとめ

いかがでしたか?結論としては、産後1ヶ月間(産後4週間)は安静にすることがベストです。

また、このように、産後の回復を良好にする方法は、実はちょっとした事の積み重ねと甘える自分を許してあげる事が大切なのです。

産後は慣れない育児が始まり、仕事を続ける人であれば一刻も早く社会復帰をしたいと考えると思いますが、産後いかに早く回復出来るかは切実な問題です。

無理はせずに出来る事から始めて、効果的に体を癒していきましょう。




スポンサーリンク

 - 健康, 育児のお話あれこれ