家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

繰り返す足の こむら返りをなんとかしたい! 原因と予防は?

      2017/02/08





明け方、急に足がつって「痛たたっ~!!!」という経験をした人は多いはず。

あわてて、親指をつかんで筋肉をほぐしたという方もいらっしゃることでしょう。

「こむら返り」とは、ふくらはぎの筋肉の収縮し、痛みを伴う症状のことで、「足がつる」という症状と同じであるといえます。

インターネットで「こむら返り」と検索すると、メディカル系まとめサイト、個人の体験談を綴ったブログ、サプリメントなど多くの情報にあふれていることから、こむら返りに悩む人の実に多いということがわかりますね。

そうした「こむら返り」に関する多くの情報から原因とその対策についてまとめてみます。

スポンサーリンク

こむら返りの症状って?

まず「こむら返り」という症状について見ていきましょう。

「こむら返り」の「こむら」とはふくらはぎを指す言葉で、このふくらはぎの筋肉が、一時的に収縮し痛みを伴う症状を、「こむらをひっくり返されるような痛みを伴う」ということから、「こむら返り」となったようです。

このことからもわかるとおり「こむら返り」は、いわゆる「足がつる」という症状と同じではありますが、特にふくらはぎにあらわれる症状を指す言葉なんですね。

こむら返りが起きると、筋肉が収縮しているため歩くことさえできません。

また寝ているときに、突然症状が現れて寝不足になるというケースもあります。

このようなこむら返りのつらい症状を、一時的にでも緩和させるには、ふくらはぎの筋肉を伸ばすことがいちばんです。

具体的には、アキレス腱を伸ばすような意識で、ふくらはぎの筋肉を伸ばす。

座った状態で足を伸ばし、つま先を手でつかんで手前に引いたり戻したりをくらい返す。

といった対処が効果的なようです。

こむら返りの原因と対策

次に主な原因について見ていきましょう。

こむら返りの主な原因は、「水分不足」「ミネラル不足」だと言われており、とくにミネラル不足は影響が大きいとされています。

日頃から、ミネラルが不足しないような食習慣を心がけること、「隠れ脱水状態」にならないよう生活を見直す必要があるかもしれません。

 

最後に主な対策を見ていきましょう。

こむら返りが発症してしまったら、足を伸ばすなどのストレッチが対症療法となるわけですが、こむら返りにならない体質にするのが、根本的な対策となるわけです。

原因は「水分不足」「ミネラル不足」ということはわかっているので、不足を補えば良いということになりますね。

水分不足は、水分を意識的に摂取することで補うことができるでしょう。

ミネラル不足には、マグネシウムを多く含む大豆製品、魚介類、海藻、木の実、カルシウムを多く含む乳製品、骨ごと食べる魚、殻を食べるエビ、葉物等を積極的に摂取することがすすめられます。

しかし、栄養が偏りがちな現代人の食生活で摂取が難しいので、これに代わるサプリメントも合わせて摂るとよいのではないでしょうか。

ミネラルは、日本食の材料として親しみのあるものばかりなので、日本食を意識して取り入れると良いかもしれないですね。

結論(まとめ)

こむら返りは一時的なもので収まればよいのですが、これが何日も何ヶ月も何年も続くと、つらいものがありますよね。

特に寝ているときに、症状があらわれると寝不足を引き起こし、その寝不足は別の症状を引き起こす…

と言った具合に悪循環に陥ってしまうので、この悪循環を断ち切るためにも、日頃からバランスの取れた食生活であったり、日本食を中心とした食生活を意識し、ミネラルを積極的に摂取するよう心がけることが、予防につながるといえるでしょう。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報, 健康