家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

クレジットカードを紛失! すぐしなければならない事と日頃の備え

      2017/02/25





皆さんは、何枚クレジットカードを持っておられますか?

近年クレジットカードは、生活に非常に密着したものになっています。

買い物だけでなく、公共料金や携帯電話などの月々の支払いにも使われるようになっていますね。

このように生活に密着しているクレジットカードを、紛失してしまったらどうなるんでしょうか。

おそらく紛失した場所が、明らかに特定できるようなケースであれば、あわてる必要はないでしょう。

しかし、置忘れや盗難など、どこで紛失してしまったのか記憶があいまいなケースでは、不正利用の可能性もあるので、一刻も早くクレジットカードの使用停止の手続きをするのが大原則といえます。

では、どのような手続きが必要になるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

慌てないで、まずこうする!

クレジットカードを紛失した場合は、クレジットカード会社に連絡をしてクレジット利用を停止することが第一歩です。

クレジットカード会社のWEBサイトを訪れれば、連絡先の電話番号などが必ず確認できます。

毎月送られてくる利用明細や、利用者向けのメールマガジンのようなもので、案内されていることもあるので調べてみましょう。

最近ではインターメットで、利用停止手続きをすることもできるようなっているので、クレジットカードを紛失する前にチェックをしておきたいものです。

また、クレジットカードの裏に、直筆の署名がされていないと不正利用されたときの補償が受けられないため、しっかりと署名がしてあるかももう一度チェックしておきましょう。

実際にクレジットカードを紛失し、なんとかクレジットカード会社に連絡をすることができたら、「利用停止」をしてもらい、新たなクレジットカードを再発行してもらうことになります。

この手続きは電話で簡単にできますが、後日紛失したクレジットカードが発見されたとしても、再発行の手続きが進行しているので、これをキャンセルすることは、難しいことを覚えておきましょう。

クレジットカードの再発行が無事済むと、カード番号が異なるクレジットカードが手元に届くので、公共料金やスマホなどの通信料のような、毎月自動支払いになっているものについて変更をしなければならりません。

これはなかなか骨が折れる作業になりますが、紛失した自分が悪いのだから仕方がないでしょうね。

クレジットカードの紛失は、一大事であるので、クレジットカード会社側も迅速かつ丁寧に対応してくれるようで、以上の手続きをすれば、一応は一安心といえるでしょう。

日頃からきちんと管理して備えておく

最近では、インターネットの買い物でもクレジットカードが使われますが、クレジットカードそのものは手元にあるのに、クレジットカードの情報が漏れて、不正利用されてしまうという事件が発生しています。

クレジットカード会社では、明らかに不正利用だと分かれば、全額保証してくれるとはいえ、不正利用にいち早く気が付くには、毎月の利用明細をしっかりチェックすることが大事だといえます。

また、一時的特典のためにクレジットカードを作って、その後一度も使っていないカードがある場合は注意しましょう。

これも利用明細やサービス案内のお知らせなど、送られてくるものをチェックして、自分が持っているクレジットカードを、常に把握しておく習慣にしておくことをおすすめします。

こうした日々のチェックをしっかりやることと、利用していないクレジットカード解約をして、クレジットカードの利用実態を、きちんと把握しておくことで、クレジットカードを紛失した時にあわてずに済むように備えをしておきましょう。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報