家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

人材育成(新入社員など)のポイントー変わりつつある社外研修

   





企業にとって人材育成は大きな経営課題の一つですね。

その人材育成の方法には、仕事場で先輩などが直接指導する「OJT:On the Job Training」と、仕事場を離れて実施される「Off-JT:Off the Job Training」があります。

「OJT」は、一般的に先輩が「OJTトレーナー」となって仕事の仕方を直接指導する手法です。

一方「Off-JT」は、「集合研修」とも言われるもので、仕事場から離れた研修会場のような場所に集められ、座学や演習などを実施するものとなります。

今回は「Off-JT」の現状を再確認しつつ、新たな流れについてみてきたいと思います。

スポンサーリンク

「集合研修」が変わる?

「Off-JT」は「集合研修」とも言われ、育成する対象者にかかわらず仕事場から離れて実施される研修のことです。

Off-JTは、仕事の邪魔が入らないので研修に集中できることや、必要とされる知識を体系的に学べる、シミュレーションなどで疑似体験ができる、といったメリットがある一方で、研修中は仕事ができないため分機会損失が生じる、研修内容が本当に現場で活かされているのかがわかりにくい、というデメリットがあります。

そこで、近年話題を集めているのが「反転授業」ですが、ご存じでしょうか?。

この手法は、従来の日本式の教育手法である、「集合研修で教えて、研修後に現場で実践をする」というやり方を反転させ、「自宅などで自己学習をし、研修の場で実践する」というものです。

平易な表現にするなら、「研修のために時間を割いて参加したのだから、教科書に書いてあることを1から10まで教えるのではなく、教科書の内容は事前に頭にいれておいて、研修の場ではグループワークやディスカッションを通じて事前に学んだことを実践・応用できるようにしましょう」ということでしょう。

「反転授業」がうまく機能すれば、座学で教える時間を自己学習に置き換えることで、研修をするために集まる時間を短縮できます。

また、自己学習での疑問を研修の場で解決することができるので、研修後に疑問が生じても解決できないといったことがなくなるなど、研修効果も格段に向上すると言われています。

一方で、日本式の教育を受けてきた人たちにとって、「研修で教えてくれるから自己学習をする必要はない」という意識が根強いこともあり、事前学習をする人としない人がでてくるおそれがあります。

事前学習した人は、事前学習をしない人のせいで期待した学びが得られなかったり、事前学習をしていない人はそもそも研修についていけないなどの問題点もあるようです。

このように事前学習の取り組み次第で、研修の効果が期待を大きく下回ってしまう可能性をはらんでいるともいえます。

結論(まとめ)

 

企業の人材育成において、こうした反転授業のようなスタイルは、今後も増えてくるでしょう。

すでに大学の授業で取り入れられているようなので、数年もすれば反転授業に慣れ親しんだ、新入社員が入社することになるかもしれません。

インターネットの普及や、スマホやタブレットの普及などもあり、事前学習をEラーニングの動画で済ませる、というスタイルも確立されつつあります。

また、個人のライフスタイルの変化によって、学びのスタイルも変化しているようです。

このことを考えれば、Off-JTは従来の日本式の教育手法ではなく、EラーニングなどのIT技術をフル活用し、リアルに集まらなければいけない「ここぞ」というタイミングで、Off-JTを実施するような研修を計画していく必要があるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報