家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

グリンピースのレシピで免疫を高めハリのある美肌を目指そう

   





5月になって畑のあちこちで、グリンピースがたわわに実っているのを見ると、無性に豆ご飯が食べたくなります・・・

グリンピースとえんどう豆は似ていますけど、微妙にニュアンスが違いますね。

栄養的にも若干、違いがあるようです。

グリンピースはえんどう豆より、たんぱく質は少ないようですが、βカロテンとビタミンCは多く含まれており、免疫力を高めてくれるので、ガン予防や老化予防に役立ちます。

また、ビタミンB群を多く含んでいます。

とりわけビタミンB2 は、美容ビタミンとも呼ばれ、ハリのある肌を作る美肌効果が期待できそうです。

グリンピースは、冷凍食品でも年中出回っているので、料理に緑の彩りが欲しい時には、重宝します。

春から初夏の時期、生のグリンピースが手に入ったら、ぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

「グリーンピースとコーンのポタージュ」

使う材料は、グリーンピース、コーン、牛乳、バター、コンソメ、塩コショウ、水です。

作り方はとても簡単です。

①鍋にバターを熱し、コーンとグリーンピースを好きなだけ入れ弱火で焦げないように炒める。

②水1カップ程度とコンソメ、塩コショウ適量を入れて沸騰させる。

③火を止め、ブレンダーがミキサーにかけて材料を潰す。

④再び火をつけて、牛乳をすこしづつ加える。好みのミルク加減になったところで完成。

味を見て塩を加える。以上です!

グリーンピースは老若男女問わず、なぜか苦手な人が多いので、誰でも好きなコーンと一緒にポタージュにすることで、食べやすいお味に仕上げました。

分量は適当で大丈夫です。

子どもなどグリーンピースの味が好きでない人向けには、グリーンピースの分量を少なくすれば、食べやすいです。

グリーンピース大好きな人には、是非グリーンピース:コーンを7:3の割合の分量で、作ってもらいたいです。

「グリンピース入りジャーマンポテト」

dav

(材料)

グリンピース、ジャガイモ、あらびきウインナー(ベーコンでもいいです)、玉ねぎ、塩コショウ

(作り方)

1、ジャガイモは皮をむいて、一口大に切り少し固めに茹でます。
2、玉ねぎは半分に切ってから、7~8mmにスライスします。
あらびきウインナーは、1cmの輪切りにします。

3、グリンピースは、さっとゆがいておきます。

4、フライパンにオリーブ油を適量入れ、1を入れて炒めます。
玉ねぎが少し透き通る感じになれば、OKです。

5、最後にグリンピースを加え、塩コショウをふって全体をざっくり混ぜ合わせれば、完成です。

 

「グリンピースコロッケ」

先ずは材料から、グリンピース、じゃがいも、チーズ、豚挽き肉、塩、レモンペッパー、卵、小麦粉です。

1、最初にグリンピースの豆をとりだします。

2、じゃがいものかわをむき、レンジで5分したら耐熱皿に潰します。
グリンピースも1分レンジにいれます。

3、豚挽き肉はフライパンでレモンペッパーをかけていためます。

4、炒め終わったらじゃがいも、グリンピース、挽き肉を混ぜて塩で味を整えます。

5、熱が冷めたら食べやすいうずらの卵よりさ少し大きい位に丸めます。
そのときにチーズをひとつまみ中心に入れまるめます。

6、丸めたら小麦粉をつけ、卵に潜らせ、パン粉をつけます。

7、180度の油でまわりがこんがり色がつく程度まで揚げます。

お好みでケチャッブをつけても美味しくいただけます。

このレシピはグリンピース嫌いのこどもでも、喜んで食べられるように考えました。

なかなか野菜そのままだと食べにくいけれど、好きなコロッケのなかに入れ込めば、食べやすくなると思いました。


スポンサーリンク

 - 料理レシピ, 食生活