家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

枝豆のレシピでスタミナ不足解消!肝機能をいたわる効果も

   





皆さん枝豆って、大豆の若いものを収穫したものですが、豆ではなく野菜に分類されているのはご存知ですか?

つまり、野菜と豆の栄養をあわせ持つ、すぐれた食材なんですね。

その栄養とは・・・

●たんぱく質と脂質

●ビタミン類
枝豆に含まれるビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えてくれます。
夏場などスタミナ不足を感じたら、枝豆をせっせと食べましょう。

●オルニチン
このアミノ酸の名前は知っている方もおられるでしょう。
オルニチンは、新陳代謝を促し疲労回復に役立ちます。

●メオニチン
このアミノ酸は、アルコールの分解を進めて、肝臓機能の働きを助けます。
ビールと枝豆の相性がいいのも納得ですね。
二日酔い防止を期待できるかもしれません。

●鉄分
枝豆には鉄分が豊富です。
貧血気味の方にもおすすめの食材といえます。

では、そんな枝豆を使ったおすすめの料理です。

「枝豆のポタージュ」

枝豆はそのままで食べても充分に美味しいのですが、我が家で子供達に人気なのが枝豆のポタージュです。

色も春っぽい薄緑色で食卓に並べると彩りも綺麗でお勧めなレシピを紹介したいと思います。

(材料)

枝豆 200g 玉ねぎ 1/2個 ジャガイモ 1個 水100cc 牛乳 200cc コンソメキューブ 1個 バター 大匙1 塩・胡椒 適量

(つくり方)

1、枝豆は先に塩茹でして鞘から豆を取り出してきます。

2、玉ねぎは微塵切りに切り、ジャガイモも8等分くらいの大きさに切ります。

3、鍋にバターを溶かし、そこに枝豆と玉ねぎとジャガイモを入れてジャガイモが透明になるくらいまで炒めます。

4、3の鍋に水とコンソメを加えて15分くらい煮ます。

5、4の鍋に牛乳も入れてジャガイモが柔らかくなるまで煮たら、塩胡椒して味を調えます。
この時、水分が飛んでしまって牛乳が足りないようでしたら加減を見て足してください。

6、最後に5をミキサーにかけて器に入れれば出来上がりです。

こちらのレシピは温かくしても、また冷蔵庫で冷たく冷やしても美味しくいただけるのでお勧めです。

「豆腐と枝豆のヘルシーハンバーグ」

(材料)4人前:

鶏ひき肉1パック、木綿豆腐一丁、ひじき、枝豆、☆人参みじん切り、

☆玉ねぎ1個みじん切り、☆舞茸1房みじん切り、クレイジーソルト、ごま油、片栗粉。

(作り方)

1.木綿豆腐の水を切る

2.☆をごま油で炒める

3.他の食材とよく混ぜ合わせる

4.丸く成形する。

5.フライパンで両面よく焼く 完成!

ヘルシーでお腹にもたれず、でもしっかりかさまししてボリュームのあるものを食べたい!と思い考えました。

ひじき、枝豆効果で和風味になるので、食べる時には大葉と大根おろし、ポン酢を添えるとめちゃくちゃ美味しいです。

子供たちも夫も大好きな一品。

そしてママも手間がかからず簡単に作れるメニューでオススメ!

枝豆をごろっ、ごろっ、と入れることで食べた時の食感がアクセントになりやみつきになります。

インゲン豆のみじん切りや、大豆でもやって見ましたが、見た目のグリーンも鮮やかでしっかり粒感のある枝豆が一番あいました。

「枝豆のチーズがけ」

夏になると食卓には欠かせなくなる素材、それは枝豆ですよね。

私も大好きで夏になると毎日食べてしまったりしています。

枝豆は塩ゆでしてそのまま食べるのもおいしいのですが、今回は簡単レシピをご紹介したいと思います。

まず、お好きな量の枝豆を用意します。
冷凍枝豆だと楽で良いですよね。

枝豆を塩ゆでします。

次に、ゆであがった枝豆をざるにあげて、しっかり水分を取ります。

そのあとに、小さめの耐熱皿に枝豆を好きな分量入れます。

私は、一気に深い小皿で4つ分まとめて作るようにしています。

そうしたら、マジックソルトを適量ふりかけます。
もちろん、マジックソルトじゃなくても、塩コショウでも充分おいしいですよ。

最後にとろけるタイプのチーズをかけます。

そして、電子レンジでチーズがとけ始めるまであっためたらできあがりです。

簡単シンプルなレシピではなりますが、とてもおいしく簡単だと思いますので、ぜひ試していただけたら嬉しいです。

「枝豆の揚げ春巻き」

枝豆は冷凍をお湯でとかしたのでも、自分で茹でたものでも、豆だけ取り出しておけば大丈夫!

豆の準備が出来たら、春巻の皮とベーコン解けるチーズを用意します。

①春巻の皮にベーコンを乗せて、枝豆、チーズをベーコンの上にのせます、それをベーコンで挟みます(ベーコンとベーコンのまん中に枝豆とチーズと言ったかんじ)

②出来たら春巻の皮を巻きます。

③巻き終わったら、油で揚げます。

外はサクサク中からはとけたチーズとちょっと歯ごたえある枝豆で楽しい食感が味わえます。

食べるときはそのままでもチーズとベーコンの塩気があるのでパクパクいけますが、ケチャップを着けたり、カレー粉をつけるともっと美味しいです。

ちょっとおしゃれにパセリをかければ、おもてなしにも出せますし、おかずにも、おつまみにもどちらにもいけるのでアレンジを加えながら食べると良いと思います。

一口サイズに餃子の皮にするとお弁当にもピッタリ!

普通の枝豆に飽きたらぜひ!


スポンサーリンク

 - 料理レシピ, 食生活