家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

ダイエットしたい方必見!ズッキーニのレシピ

   





ズッキーニは、戦後日本に入ってきた野菜のようですが、食卓に上るようになったのは、比較的最近のように思います。

30年くらい前は、まだスーパーや八百屋さんでもあまり見かけなかったのではないでしょうか。

原産地は、アメリカやメキシコあたりですが、16世紀ごろヨーロッパに伝わり、栽培が始まったとされています。

見た目はキュウリと見間違うほど似ている細長いものや、まるいものがありますね。

でも、かぼちゃの仲間なので、旬は夏です・・・

とりわけカロリーと糖質が低いので、ダイエットしたい方には魅力的な食材といえます。

ではおすすめのズッキーニのレシピをどうぞ。

スポンサーリンク

「チキンとズッキーニのマスタードソース」

チキンとズッキーニなどの夏野菜にマスタードソースをかけて頂くとさっぱりしていて美味しいです。

材料:

鶏モモ肉・ズッキーニ・パプリカ・ナス・舞茸・カリフラワー
マヨネーズ・砂糖・蜂蜜・チューブ入りマスタード・お酢・塩胡椒・オリーブオイル・水を使用します。

作り方:

①まず、ズッキーニをはじめとする野菜を短冊切りにします。
カリフラワーは事前に下ゆでをした物を使用し、舞茸は適度なサイズに切ります。

②フライパンにオリーブオイルを入れ切った野菜を炒めます。
塩胡椒で味を整えて程よく焼き目をつけてお皿のサイドに盛りつけます。

③鶏モモ肉に塩胡椒をし野菜を炒めたフライパンに再度オリーブオイルを入れお肉をソテーします。

④別のお鍋でマヨネーズ・砂糖・酢・マスタード・蜂蜜少量を入れてソースを作ります。
この時にソースの濃度を調節するのに水を少量加えます。

⑤ソテーした鶏肉をメインに盛りつけ お肉とサイドの夏野菜に④のマスタードソースをかけて完成です。

さっぱりしたマスタードソースがカラフルな焼き野菜野菜とチキンの旨味を引き出してくれます。

「ズッキーニのしゃぶしゃぶ」

ズッキーニを栽培されている農家さんから教えてもらったのが「ズッキーニのしゃぶしゃぶ」です。

作り方:

1、軽く洗ったズッキーニのヘタを切り、縦方向に皮ごとピーラーで薄くスライスしていきます。
幅の広いきしめんみたいな状態になればOKです。

2、あとは沸騰したお湯にさっとくぐらせ、好みのタレを付けるだけ!
タレはごまやポン酢がおすすめです。

ズッキーニ自体があっさりとした味なので、こってりとしたごまダレも合うし、さわやかなポン酢も合います。

ズッキーニだけでは物足りない場合は、豚のバラ肉やロース肉を一緒にしゃぶしゃぶしてもおいしいです。

ズッキーニの美しい彩りを生かした料理なので、食卓が華やかに!
パーティーなどでも喜ばれます。

おいしく仕上げるコツは、薄くスライスすることと、あまり茹で過ぎないことです。

ズッキーニの調理というとどうしても油を使ったものが多くなりますが、こちらの料理はヘルシーなので女性やダイエットをされている方にもおすすめです。

「ズッキーニと牛肉のソテー」 

◎材料(2人分)◎

・牛肉(焼肉用)…200g ・ズッキーニ…1本 ・にんじん…1/2本 ・コーン缶…40g ・オリーブオイル…大さじ2

☆しょうゆ…小さじ2 ☆片栗粉…小さじ1 ☆オリーブオイル…小さじ1

◎作り方◎

①☆マークの材料を記載してある順番に、牛肉全体に馴染むように軽くもみ込んで下さい。

②ズッキーニは5mmくらいの斜め薄切りに、にんじんは3mmくらいの薄切りにして下さい。
コーンは汁気をきっておいて下さい。

③フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、中火で牛肉を焼いていきます。
火が通ったら一旦フライパンから取り出します。

④③のフライパンの油をキッチンペーパーで軽くふき取り、再度オリーブオイル大さじ1を熱します。ズッキーニとにんじんを加えて中火で3分ほど炒めて下さい。

⑤④に牛肉を戻し入れ、コーンを散らして全体をざっくりと炒め合わせたら出来上がりです。

焼いたズッキーニの食感と牛肉のうま味がよく合う一品です。

ご飯にのせてどんぶりにして召し上がっても美味しいですよ。

「ズッキーニとツナマヨの万能ディップ」

材料:

ズッキーニ1本(20センチ位のもの)ツナ水煮缶(油のものよりヘルシーです)マヨネーズ大さじ4、塩少々、ブラックペッパー少々だけです。

作り方:

1、まずズッキーニをみじん切りにしてザルに入れ、ボウルに塩をひとつまみ入れた冷水につけてアクをぬいておきます。

2、その間にツナ水煮缶の水気をきって、ボウルに入れておきます。

3、ズッキーニは10分ほどたったら水気をザルでざっときり、耐熱の容器に入れてラップをふんわりとして600wのレンジで2分くらいチンします。

4、チンしたらさらに水気が出るので、再度ザルにあけて、少し冷めたらキッチンペーパーやサラシで水気をおさえるようにして拭きます。

5、後はツナの入ったボウルに入れて、マヨネーズを加えて混ぜるだけです。
塩とブラックペッパーやマヨネーズの量はお好みで大丈夫です。

塩気は少し濃いめにしておくと、アレンジ料理に使いやすいです。

オススメはトーストに塗ったり、さらにチーズも乗せて焼いたりです。

そのままサンドイッチも美味しいです。

キュウリより青臭さが無く、食感も柔らかいので、子供も喜んで食べてくれます。

クレープにインしたり、ポテサラにも合います。


スポンサーリンク

 - 料理レシピ, 食生活