家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

夏休みの自由研究ー小学生1・2年ならこんなアイデアはいかが?③

   





夏休みは楽しいけれど、宿題が大好きな子はそう多くはいないと思うのですが、どうでしょうか?

なので、どうしても夏休みの後半に「あー早くやらなきゃ!」ってことになりがちです。

工作などは、簡単なものなら1,2日で完成できるものもあるかもしれませんが、観察日記などはまとめて書くわけにもいきませんね。

ですから、どんなことをしようかと、計画だけでも立てておくと良いかもしれません。

では、夏休みの自由研究のアイデア第3弾です。

スポンサーリンク

「伝統工芸や物づくり」体験

私自身の経験談ですが、物作りに関しては評価が高かったです。

沖縄県に住んでますが、周りの子たちはシーサーや琉球ガラスを作って、それにまつわる歴史やエピソードを紹介してました。

何故それらが良かったかというと、まず、その物作りで子どもと親が楽しんでいたということ。

一緒に物作りをすると思い出に残りますし、親子の絆も深まります。

また、なんといってもその子が、クラスで誇らしげになれるということです。

クラスでは休み時間にその子を囲んで、作品をみんなで眺めていたのを覚えています。

本土にお住みの方でも、各地の伝統工芸など子どもと一緒に、物作りをするのも良いかと思います。

「各分野で活躍する人」を調べる

スポーツやクラブ活動など、子どもが好きで調べるられるものも良いかと思います。

野球なら大谷選手の紹介ポスター、サッカーなら本田選手の紹介ポスター、バスケットならNBA選手や日本の田臥選手など、その分野で活躍する方などをピックアップして、紹介するのも時事的にも面白いです。

スポーツに限らず、芸術や学問の分野でもいいと思います。

興味のある分野なら、子どもも楽しんで出来るのではないでしようか?

何かを極める人は、どんな努力を払っているのか、知るのも勉強になるかと思います。

「海の生き物たち」の工作

これは、私が小学1年生の時に、実際に作った夏休みの工作のアイデアになります。

テーマは「海の生き物たち」です。

作り方になりますが、まず少し大きめの深さは浅めのお菓子の箱などを用意します。

貰い物でお菓子の詰め合わせのようなものを、貰う事があると思いますが、そのような箱がいいです。

その箱のフタではなく、お菓子が入っている方の箱を使うのですが、底に画用紙を箱のサイズに切り取って張り付けます。

出来れば水色がいいかなと思います、海の中を再現するので。

次に箱の上の部分に手提げのように持てるように取っ手をつけます。2つ穴を空けて、ヒモなどを通してくくるだけです。

ここまで出来たら、あとは画用紙を張った上に、海の中の生き物達を再現するだけです。

私がしたのは母親と一緒に海に行き、貝殻や少し大きめの砂など使えそうな物を拾ってきました。

子供には親と一緒に海に行くというだけでも、楽しいかもしれませんね。

そしてまず、その拾ってきた砂を画用紙の上に斜めに貼り、砂浜を表現しました。

貼り方は、砂を置きたい所に糊を塗っておき、すばやく砂をバラバラと散らすだけで貼り付きます。

砂を貼ったのとは違う反対がわの残りの半分を、海の中という事にして、貝殻を2つ組み合わせて魚の形にして貼りつけたりします。

また、貝殻で蟹のお腹の部分にして、手と足はペンで書き足したり、画用紙の緑色系で海藻を作って、貼りつけたりしました。

ここは自分が好きなように工夫出来るので楽しいですよ。

しっかり糊やボンドで貼りつけておくのがポイントです。これで完成です。

私はこの作品で優秀作品賞を貰ったのでよく覚えています。母も喜んでいました。

「色の三原色の変化を調べる」

私が実際に過去にやって、表彰された自由研究です。

きっかけは父親に「赤青黄を同じ量混ぜると黒になる」って聞いたからです。

赤青黄の三色の絵の具を、同じ重さで同じ分量の水で溶いて、混ぜては紙に塗るだけです。
(因みに、私は単語帳を使いました。)

最初は赤青黄それぞれの色をそのまま紙に塗ります。

次に赤:青=1:1で混ぜて別の紙に塗ります。
(この時、紙の裏に赤:青=1:1と書いておきます。)

次に青を1足して赤:青=1:2にして、また紙に塗ります。
(後で大きい紙に貼るので、順番に並べて乾かすと楽です。)

それを繰り返して赤:青=1:10まで作ります。

それを赤と黄、黄と青の組み合わせでもやります。

絵の具が乾いたら大きい紙に、赤➡青、青➡黄、黄➡赤と三角形が出来るように、紙を貼って行きます。

更に、赤:青:黄を1:1:1で混ぜます。

それを三角形の中心に置き、各色に向かうように色を増やして行きます。

赤に向かうときは、赤:青:黄=1:1:1の次は赤:青:黄=2:1:1に。

その次は赤:青:黄=3:1:1というように10:1:1まで作ります。

青と黄に向かう時も同様に、それぞれの色を1ずつ増やします。

後は絵の具が乾いたら再度、大きい紙に貼るだけです。

そして、空きスペース等に、何故この自由研究をやったのか、やってみてどうだったのか、など書くと良いと思います。

多少、親御さんの協力も必要になかと思いますが、頑張れば1~2日で終わると思いますよ。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報