家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

痛い口内炎ーその原因と対処 人気の市販薬

   





口の中がなんか痛い、食事をしたらしみる・・・こんな症状を感じたら、だいたい皆さん口内炎を疑うことでしょう。

口内炎は、だれしも一度くらいは経験する病気ですね。

私は、ドラッグストアに勤めていますが、口内炎の市販薬は種類も多いです。

内服錠剤・軟膏・口の中に貼るタイプの薬・スプレータイプなどなど。

うちの店は、海外からのお客も多いのですが、なぜか「口内炎パッチ」という貼るタイプの薬を大量買いしていかれるので、ビックリです!

しかし、そもそも口内炎ってどんな原因でできるのでしょうか。

スポンサーリンク

口内炎の原因

口の中のキズとか刺激によるもの

歯が当たったり、歯で口の内側や唇を噛んでしまったり、酸、アルカリ物質、熱湯の誤飲などが原因で、口の中の粘膜が傷つき、さらに傷口に細菌が感染して、口内炎ができることがあります。

ビタミン不足や睡眠が不足していることによるもの

偏っている食生活で、ビタミンが足りないと口内炎、口唇炎を引き起こしがちになります。
その中でも、A・B2・B6・ナイアシンの不足が、影響を及ぼすと考えられています。
また、睡眠不足やストレスで起こることもあります。

ウイルスやカビによる感染によるもの

ヘルペスや麻疹(ましん)、風疹(ふうしん)などのウイルスや、カンジダといったカビ菌に感染し、口内炎が起こることがあります。

ウイルスが原因の口内炎は、免疫が弱い幼い子供たちに、カビが原因の口内炎は、糖尿病などによって体の免疫力が下がった人に、発生しやすいと言われています。

化粧品などの刺激によるもの

口紅やリップ、化粧落とし、石鹸やハミガキ粉、といった刺激剤がきっかけとなって唇が赤く腫れ、皮膚が乾燥するケースがあります。

ベーチェット病は、口内炎が引き起こされる主要な疾患消化器や目など、体全体に炎症をもたらしますが、多くの人に米粒大の白い口内炎(アフタ性口内炎)が発生します。

また、身体の免疫力の低下する糖尿病、白血病等も口内炎を引き起こすケースがあります。

口内炎が非常に治りにくかったり、再発を繰り返すといったような場合には、留意が必要です。

口内炎を予防する

口内炎はからだの不調を知らせる大事なサインになります。

まず気付いてあげるというのも、重要な対策となってきます。

それから日頃できる予防策を講じてみましょう。

(1)生活スタイルの改善

過労や過剰なストレスを溜め続けていると、栄養分の消耗も激しくなり吸収も難しくなります。
バランスのよい食事と充分な睡眠は口内炎から身体を守ります。

食生活だけでは十分な栄養を摂取できない時は、ビタミンBやCの入った健康食品を摂り入れて、補足すると良いかもしれません。

また刺激物となる喫煙や酒類も控えることで、回復を促します。

(2)細菌の繁殖を防御する

口腔内には常時たくさんの細菌が棲んでいます。

ハミガキをきちんと行い、手洗いやうがいをきちんとすることで、細菌の繁殖を事前にブロックすることができ、口内炎の発症リスクを食い止めることができます。

ですが口内炎があると、歯を磨くということが難しくなると思われます。

そんな場合は、口内炎周辺の歯磨きは控え、念入りにうがいをしましょう。

口内炎になってしまった!早く直したい場合

まずはうがいをする

とても簡単で、いつでもすぐにできるほうほうですが、うがいをして口の中を、殺菌することです。

ドラッグストアなどで、イソジンうがい液やマウスウォッシュなどを使い、ゆっくりと時間をかけてやってみて下さい。

洗口液は、殺菌効果のあるもので、アルコールや合成界面活性剤の含まれていないものを選ぶようにしましょう。

30~40秒くらいかけて、やさしく1日3、4回うがいをすると効果的です。

●市販の薬を使用する

うがいをした後は、早く直したい場合は市販薬を使うこともできるでしょう。

代表的な市販薬をあげてみます。

「ケナログA 口腔用軟膏」・・・口の中に直接塗る軟膏です。
患部の炎症を鎮めてくれますので、口内炎の痛みを抑えたい場合におすすめです。

「口内炎パッチ 大正A」・・・口内炎に直接貼るタイプです。触れたらいたい場合や歯などが当たりやすい患部に貼ると、外からの刺激から保護してくれます。

他にもメーカー各社から、いろいろ市販薬がでていますので、お店の薬剤師か登録販売者に尋ねてみると良いでしょう。

まとめ

口内炎は、ほうっておいても1~2週間で自然に治っていくことが多いですが、その間痛みを我慢したり、食事がしみるのを我慢するのもつらいものです。

市販薬も上手に使うと、即効性があるようですから、つらいときは試してみましょう。

そして、口内炎ができない様に日ごろの食生活を見直してみることも大切です。


スポンサーリンク

 - 健康