家族の健康と生活の質を考えるcom

みんなの健康と生活を向上させる情報を集めます!

*

夏休みの自由研究ー小学生3・4年生ならこんなことができるよ②

   





自分と他人の意識が芽生える小学3・4年の時期・・・

思考も抽象的な考えを理解できるようになってくるようです。

自分で調べる、考える内容の自由研究に取り組めば、学習面でも大きく成長するチャンスです。

この夏は、こんな自由研究はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

「植物を早く大きく育てる」比較実験

アサガオやヒマワリの成長観察は小学校1、2年生ぐらいのテーマでしょう。

少し大きくなったお子様には、アサガオの成長を早めるためには、あるいは大きく育てるにはどうしたら良いかを、比較させてはいかがでしょう。

例1
「日なたに置いておいたアサガオと、ひかげに置いておいたアサガオ、育ち方に違いが出るか?」と問えば間違いなく日なたと答えるでしょう。

「ではどれぐらい成長が違うか?」これに答えられるお子さんはいないでしょう。

であれば実際に比較してみて、育ち方の違いがどれぐらい出るか、観察してみましょう。

例2
「一般的に植物の成長を助けると言われる植物の成長剤。これをあげたアサガオとあげないアサガオでは成長がどれぐらい違うのか。」

これも同様に観察してみないと分からない内容です。

例2の応用で、成長剤を与えると成長が良くなったとします。

その場合、成長剤の説明書に書かれている量をアサガオに与えるのが良いのか、書いてある量の2倍多くあげるのが良いのか、10倍、100倍あげるのが良いのか。

逆に半分にしたらどうなるのか。

比較してみるとかなりの自由研究になるかと思います。

ただアサガオをそれだけ前もって育てておくのは大変です。

ネコ草のような雑草で比較するのも良いかと思います。

近くに池や田んぼがあるのであれば、浮き草で研究も良いかと思います。

どちらも豆腐の容器が20個ぐらい用意できれば少しずつ小分けにできます。

ネコ草であれば長さと本数、浮き草であればどんどん分裂するので、葉っぱの枚数で比較すると良いかと思います。

「果物電池の製作と実験」

果物と野菜を使った電池づくりがオススメです。

子供向け科学実験の本にあった「レモン電池」が元ネタです。

半分に切ったレモンに、二種類の金属板が刺さっている、というビジュアルにインパクトがあります。
(というのは撮影用で、あとは輪切りにした果物・野菜等を使用したのですが)。

使用したのは、銅板と鉄板。この二枚の金属板を電極に用い、レモンを電解液として利用する、という原理です。

ここからがこの自由研究の本題。

用意したのは、大根、トマト、ジャガイモ、玉ねぎ、スイカなど。

応用として、ジュース(夏なので)、砂糖水、しょうゆ、洗剤をしみこませたキッチンペーパーも用意しました。

この後、各サンプルの電球を光らせる強さ、および発生させる電流を測定します。

これらを写真に撮り、レポートにまとめたものが自由研究でした。

順位は詳しく覚えていませんが、塩素系洗剤がレモンさえはるかに引き離して、一位だったのを覚えています。

果物・野菜は、酸っぱさに比例したわけではないのを、意外に感じたのを覚えています。

(使用した果物は食べてはいけないそうです。有害な金属イオンが解けているそうなので。念のため)。

果物・野菜を使っている以上、学校で展示して光らせることはできないので、インパクトは弱いと思っていたのですが、レポートのまとめ方が評価され、市の展示会に出品することとなりました。

後に知ったのですが、木炭とアルミホイルを電極に、食塩水を電解液にした電池をつくれることを知りました。

意外性があってこちらも面白いかもしれませんね。

「蝶の標本作り」

ずばり、蝶の標本作りはいかがでしょうか?

ちょうは種類も豊富で形さえ崩さなければ、綺麗な物になると思います。

集めるのが大変かもしれませんが、学校に提出した後にも家に飾っておくと、とても綺麗ですよ。

まずキャベツ畑にいけば、モンシロチョウがたくさんいます。

あと街中とか山に行けばアゲハチョウ、クロアゲハ、カラスアゲハなどいます。

全部で20種類くらい集めたら、立派な標本になると思います。

もし山にいくことがあればついでにカブトムシ、クワガタをとってもいいと思います。

標本に加えてもいいし、もしかしたら高く売れるかもしれません。

ただスズメバチには注意が必要です。

もし蝶があつまらなければ、他のと一緒にして昆虫採集にしてしまえば、いいのではないでしょうか?

自然に触れることができて、山には必ずっていいほど川が流れていますので、川遊びも出来ます。

大人ならともかく、子供は大変喜ぶと思います。

やまは近くにありませんか?

もし山が近くになければ、車で家族で行ってもいいと思います。

とにかく自然に触れれば、何かしら発見するものがありますから是非お勧めします。

わたしは今50代ですが、小学校のころはとにかくカブトムシやクワガタを、ひたすら探してあつめて飼っていました。

もちろん学校の自由研究にも使わせてもらいました。

私の住んでる町は、山がわりと近くにあって、昆虫採集にはもってこいの環境でした。

この自然に触れることは、子供にとって大変大事なことと思うのでぜひやってみて下さい。


スポンサーリンク

 - お役立ち情報