さいたま水族館は羽生水郷公園と両方楽しむのがお得!

レジャー・観光





海のない埼玉県にちょっと珍しい淡水魚専門の水族館があります。

その名もさいたま水族館。

お魚好きにはたまらないですよね。

羽生水郷公園と同時に楽しめるので、埼玉にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

スポンサーリンク

 

さいたま水族館基本情報

所在地

埼玉県羽生市三田ケ谷751−1

営業時間

開館時間は9時30分から17時までですが12月から2月までは16時30分までになっています。

休館日

3月から11月は毎月第一月曜日

12月から2月までは毎週月・火曜日と年末年始はお休みです。

交通アクセス

お車の場合は東北自動車道羽生インターから栗橋方面へ3km

電車だと東武伊勢崎線羽生駅からタクシーで15分ほどです。

駐車場は無料でかなりの台数を停められるのでお車の方がオススメです。

入場料金

さいたま水族館は大人310円・小人(小中学生)100円ととてもリーズナブルな料金です。

さらに大人20名以上だと1人は250円・小人20名以上だと1人80円と団体割引があります。

大人数で行かれる時はぜひ使用してみてください。

さいたま水族館・羽生水郷公園の両方が楽しめる?

みどころは外の池で飼育している鯉や、ソウギョへのエサやりです。

ものすごく大きく成長した魚を、しかもたくさん近くで、迫力のある餌やりが体験できます。

他にもチョウザメやピラニアなども別の池にいるので、ぜひ見てみてください。

スポンサーリンク

 

また水族館と併設して、羽生水郷公園という公園があり、ここがものすごく広いので、お子様連れには特にオススメです。

大きな池があり自然を散策するもよし、カヌーにも乗れますし、大型遊具でアスレチックでも遊べます。

またバーベキューもできるので、夏場は特に賑わいます。

広い公園ではピクニックはもちろん、バトミントンやボール遊びもできるので、ぜひお立ち寄りいただきたいです。

水族館に行かず公園だけなら、無料だというところも家族づれには嬉しいですよね。

イベントや体験なども行なっていて、魚への餌やりの他に手作りグラスの体験ができます。

20名以上の団体であれば、予約でアクアスクールという水辺の生き物についても、勉強することができるので、夏休みの自由研究などにも人気です。

 

ランチ・おみやげ

水族館と道路を挟んだ向かい側に、羽生市の農作物を販売したり食べることのできる、キヤッセ羽生という道の駅のようなところがあります。

羽生市は自然豊かな街なので、農作物も豊富でとても美味しいです。

特にオススメは、むじな庵というお食事どころです。

地域の食材を使用したうどんが自慢で、モロヘイヤうどんは羽生産のモロヘイヤを使用していて、健康うどんとして人気です。

 

ちなみに羽生市の隣の加須市は、うどんが有名でそこの技もしっかり受け継いでいます。

地ビールのこぶし花ビールも味わうことができます。

園内で製造しているこだわりのビールです。

羽生市産のブルーベリージャムや、彩のかがやきというブランドのお米も、ほのかな甘みのあるお米でお土産にオススメです。

水族館のグッズよりこちらをお土産にする人が多いと思います。

 

近くの観光名所は、東北自動車道の羽生インターのサービスエリアがオススメです。

できた時にTVなどで紹介されて話題になったので、さいたま水族館より有名かもしれません。

鬼平犯科帳をモチーフにしたサービスエリアで、施設も江戸時代の街並みは、まるでタイムスリップしたようでワクワクします。

食べ物もお土産もたくさんありますし、広いので羽生サービスエリアの攻略ガイドが、パンフレットで置いてあるので、満足のいく時間が過ごせると思います。

 

食べ物もいろんな種類があり、しっかりしたレストランから、気軽な軽食まで色々選べます。

その中でもぜひ食べて欲しいのが、ずんだ茶寮のずんだシェイクと金時いもソフトです。

甘いんですが、食べた後はさっぱりとしていて、老若男女どなたでも気に入っていただける味だと思います。

こちらのサービスエリアは、なんと高速道路を使わなくても入れるサービスエリアなので、お近くの方も寄ってみてください。


スポンサーリンク

コメント