3歳の子供の散髪を家でする場合のやり方

育児のお話あれこれ




子供の散髪を家でするという方は、小さいころなら多いでしょう。

我が家も、3歳頃まで家で主人が息子たちの髪をカットしていました。

3歳の末の娘も前髪がよく伸びるので、今も私が時々カットしています。

そこで今回は、3歳の子供の髪を家で散髪する時についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

3歳の子供の散髪を家でする場合のやり方

3歳頃になると、親の言うことも大体理解しだす時期ですね。

「チョキチョキするから動かないでね」と言うと、子供も少しの間ならきちんとしていてくれるでしょう。

我が家の娘も、チョキチョキの時間だと言って喜んでくれます。

散髪を一つのイベントにしてみると、子供も特別感があって喜んでくれます。

 

ヘアーカットに必要なものは、ハサミ、コーム、ヘアークリップなどがあれば最低限大丈夫です。

髪の毛の量を調節するすきばさみや、霧吹きがあればなお良いです。

我が家では、使うものはほとんど西松屋で揃えました。

子供に便利なものがそろっていて助かります。

 

それから、子供の髪を切る時には、必ず床の上に新聞紙を敷くことも忘れないでください。

髪を切ったらそのまま捨てることができ、髪が散らばらないのでお勧めです。

子供は椅子に座らせて、服に髪が付かないようにケープをしましょう。

 

男の子なら、そのままで大丈夫ですが、女の子は髪が長いので髪をクリップで何か所か分けていった方が、髪を切りやすくなります。

 

最近は、動画に子供の髪の毛をカットする見本の動画が紹介されているので、それを参考にされるのもよいでしょう。

 

男の子の場合はバリカンを使うこともありますが、注意する点としてはバリカンのアタッチメントのついているものを選びましょう。

カットする時には装着した方が良いです。

 

最初から短めにするのではなく長めの設定から調整していく方が切りすぎを防げます。

 

また、私の経験からですが、3歳でも集中力はまだ短いので、飽きてきたらDVDを見せながらなど工夫をしてください。

嫌々ながら子供が髪を切られていると、時々急に立ち上がったりして危険です。

子供をうまく集中させながら、手早くきれいにしてあげたいですね!!

スポンサーリンク

 

子供の散髪を家でするメリット

子供の髪を家で散髪することには良いことがあります。

いくつかのメリットをご紹介します。

 

  • 親子でコミニュケーションがとれる。

我が家もそうですが、娘の髪が伸びてきたことでカットする時に、前よりじっとできるようになったなや、言うことを理解できているなという子供の成長を感じ取れます。

 

子供とのふれあいの時間が取れて嬉しいです。

 

  • 散髪代がかからない。

3歳の子供でも、外で散髪すると1000円くらいしますよね。

しかし、まだ3歳頃なら家での散髪で充分だと思います。

 

  • 散髪に行く手間が省ける

子供を散髪に連れていくとなると、予約をしないといけませんよね。

こちらの都合もあったり、時間をなかなか取れなかったりすると、思うようなタイミングが難しい時もあります。

しかし、自宅での散髪ならそんなことを気にしなくても良いので気が楽ですね。

 

自宅での散髪は、私の周りでもたくさんのママ友がしています。

一番の理由は、家計が浮くことです。

 

少しの失敗はあるかもしれませんが自宅でのカットは良いことがたくさんあります。

ぜひ、楽しみながら自宅での散髪に挑戦してみてくださいね!!

 

まとめ

今回は、3歳の子供の髪を家で散髪する時についてご紹介してきました。

我が家も子供達を、それぞれ自宅で散髪してきています。

3歳くらいならまだ、髪型にこだわりなどないので、ママやパパで散髪するのにも良い時期です。

 

実際に3歳の娘も、私のカットを喜んでくれています。

娘が喜んでくれているうちは、我が家でカットしていこうと感じています。



スポンサーリンク

コメント